ほっかいどう

70周年記念のロゴデザイン発表 円山動物園

2020年12月27日 15時00分
70周年記念のロゴデザイン発表 円山動物園

 2021年5月5日に開園70周年を迎える円山動物園は24日、周年記念のロゴデザインを発表した。機運醸成と周知を目的に募集したもので、広告活動やグッズなどに活用していく考えだ。

関連キーワード: さっぽろ圏 文化施設

浦幌町で「デジタル森林浴」 フォレストデジタル

2020年12月20日 10時00分

 地域の自然環境をデジタルで体感できる試みが浦幌町内で始まった。廃校を活用した交流施設のトコムロラボで12日に開業した「うららパーク浦幌」で、国内初となる「デジタル森林浴」を企画。気軽に味わえる癒やしを提供するとともに、自然環境の良さを伝える。

関連キーワード: 十勝

道の駅るもいで「KAZUMOちゃん」MHカード配布

2020年12月19日 10時00分
道の駅るもいで「KAZUMOちゃん」MHカード配布

 ゆるキャラ「KAZUMOちゃん」マンホールカードを17日から「道の駅るもい」で配ります―。留萌市が下水道広報プラットフォームに申請していた、マンホールカードが第13弾カードとして登録された。道の駅管理棟内の事務所で配布するとともにアンケートへの協力を求める。

札幌管区気象台の高層気象観測塔解体へ

2020年12月16日 15時00分
札幌管区気象台の高層気象観測塔解体へ

 「勤め始めてからずっとあったものなので、なくなるのは寂しいですね」―。札幌管区気象台の池田冬彦調査官がこう話すのは、庁舎横にそびえ立つ高層気象観測塔のことだ。気象レーダー塔として誕生し、役割を変えながら存続してきたが、時代の流れや老朽化には逆らえず、解体が決定。今は取り壊しが始まるのを静かに待っている。

関連キーワード: さっぽろ圏 景観

難病越え、農園開設に挑戦 農業研修生・後藤大尭さん

2020年11月18日 12時00分
難病越え、農園開設に挑戦 農業研修生・後藤大尭さん

 「どんな人も幸せな気持ちになってもらえる自分の農園を開く」―夢に向かって汗を流す農業研修生の後藤大尭(ひろあき)さん(29歳)は、厚生労働省が難病に指定するクローン病の患者だ。13日には農園開設に向けて、ネットで資金を募るクラウドファンディングを開始した。大学卒業後、希望を胸に岩田地崎建設(本社・札幌)に入社したが、その未来は大病に絶たれた。それでも前を向く後藤さんは今、新たな挑戦の一手を打つ。

関連キーワード: クラウドファンディング

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (12.5k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (3.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.5k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。