ほっかいどう

安平町道の駅「あびらD51ステーション」が19日に開業

2019年04月16日 12時00分
安平町道の駅「あびらD51ステーション」が19日に開業

 安平町が追分地区で建設を進めてきた道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が19日、開業する。道内では124駅目で、国道234号沿線では初。町の鉄道遺産であるD51などを活用し、魅力を町外に広くアピールする狙いだ。

関連キーワード: 胆振 観光 道の駅 道路 鉄道

大型外航船が初来港 釧路港国際物流ターミナル

2019年04月15日 12時00分
大型外航船が初来港 釧路港国際物流ターミナル

 国際バルク戦略港湾として整備を進めた釧路港国際物流ターミナルに、外航船第1船が来港した。9日には運営を担う釧路西港開発埠頭(本社・釧路市、鈴木信社長)主催の歓迎セレモニーが開かれ、蝦名大也釧路市長ら関係者がテンポラーダ船長に花束や記念品を贈った。

関連キーワード: 港湾 道東

半正多面体のアトリエ 幕別町忠類に完成

2019年04月14日 12時00分
半正多面体のアトリエ 幕別町忠類に完成

 幕別町忠類に三角、四角、五角で構成されたユニークなドームが完成―。アルキメデスの立体とも呼ばれる半正多面体を模したこの建物は忠類在住のある芸術家のアトリエとして建てられた。設計した1級建築士事務所オフィスK&Kの川村善規氏は「自分自身の集大成」と自負する。そこには建築士として約40年にわたって積み重ねてきた知識や経験が込められていた。

関連キーワード: 建築 道東

第16回「五輪を支えた都市施設〈地下街①〉」

2019年04月14日 07時00分
第16回「五輪を支えた都市施設〈地下街①〉」

 地下鉄南北線開業のちょうど1カ月前の1971年11月16日。「ポールタウン」と「オーロラタウン」から成る「札幌地下街」がオープンした。150余りの店舗が入居し、公共通路などを含めると総面積4万㎡を超える“札幌の新しい顔”の誕生だ。国際都市として飛躍するきっかけとなった冬季五輪は3カ月後に迫っていた。

ふるさと納税返礼品にBP関連商品を追加 北広島市

2019年04月13日 12時00分
ふるさと納税返礼品にBP関連商品を追加 北広島市

 北広島市は、ふるさと納税返礼品に1日からボールパーク(BP)関連商品を追加した。新球場のイメージ図をあしらったTシャツなどを用意し、BP構想実現への応援を呼び掛けている。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,272)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,583)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,419)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,089)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,843)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。