ほっかいどう

北海道の魅力発信 開発局がオフィスキューと連携協定

2022年04月21日 09時00分
北海道の魅力発信 開発局がオフィスキューと連携協定

 北海道開発局とクリエイティブオフィスキュー(本社・札幌)は19日、本道の魅力発信に向けた包括連携協定を締結した。締結式は札幌市内の同社ビルで開催。橋本幸開発局長と伊藤亜由美社長が出席して協定書にサインを交わした。同社は、開発局が6月ごろに主催する「2050年の北海道の姿を考える懇談会」に参加予定。エンターテインメント事業者ならではの着想で、議論に厚みが出ると期待されている。

関連キーワード: 国交省

ワーケーション施設「にっぽうの家」29日開業 上士幌町

2022年04月19日 09時00分
ワーケーション施設「にっぽうの家」29日開業 上士幌町

 十勝を満喫できるワーケーション施設に―。上士幌町は企業滞在型交流施設「にっぽうの家」を29日にオープンする。道内初の無印良品の家を宿泊施設として活用する。定員の8人を超える場合は町内ホテルを紹介するなど地域と連携。地元企業とのビジネスマッチングやサテライトオフィス誘致を目指す。

関連キーワード: 働き方改革 十勝 観光

商船三井客船のクルーズ船「にっぽん丸」が室蘭港に寄港

2022年04月03日 10時00分
商船三井客船のクルーズ船「にっぽん丸」が室蘭港に寄港

 室蘭港中央埠頭旅客船バースに29日、商船三井客船の「にっぽん丸」が接岸した。新型コロナウイルス感染症拡大でクルーズ船の寄港が中断されていたため、室蘭港へのクルーズ船寄港は約2年半ぶりとなる。

関連キーワード: 港湾 胆振 観光

日本三大イルミネーションに札幌が初入賞 夜景サミット

2022年03月31日 09時00分
日本三大イルミネーションに札幌が初入賞 夜景サミット

 夜景観光コンベンションビューロー(丸々もとお代表理事)などは25日、夜景サミット2022in札幌を札幌文化芸術劇場hitaruで開き、日本新三大夜景を発表した。札幌市は3回連続で選ばれたほか、冬の風物詩であるさっぽろホワイトイルミネーションが初めて日本三大イルミネーションに輝いた。

関連キーワード: さっぽろ圏 景観

道産材をPR 道庁本庁舎ロビーが木質化リニューアル

2022年03月30日 09時00分
道産材をPR 道庁本庁舎ロビーが木質化リニューアル

 道庁本庁舎ロビーを、木の香り広がる空間にリニューアルした。カラマツやトドマツなど道産木材を加工したベンチやテーブルを設置。新型コロナウイルス感染症の影響で世界的に木材価格の上昇が続く「ウッドショック」を背景に、外材からの代替として道産木材の需要が高まっている。ロビーの木質化で道産木材のPRを図り、利用拡大につなげる。

関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,128)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,326)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,219)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,736)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,330)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。