ピックアップ

厚真断水、1カ月以内復旧を 浄水場など緊急修繕進む

2018年09月13日 20時00分

 北海道胆振東部地震の影響で富里地区の浄水場が被災し、町内全域で断水が続く厚真町は、新町地区の浄水場の電気・配線や取水管、水道管の漏水箇所の緊急修繕を進めている。浄水場の機能が保たれている上厚真地区から順次給水作業を行う考えで、1カ月以内の全面復旧を見込む。

関連キーワード: 災害 胆振東部地震

続く余震 復旧まだ遠く 発生1週間、現地から

2018年09月13日 12時00分
続く余震 復旧まだ遠く 発生1週間、現地から

 6日午前3時7分ごろに発生した北海道胆振東部地震。震源は胆振地方中東部で、厚真、安平、むかわの3町に土砂崩れや家屋の倒壊、断水、停電など甚大な被害を与えた。各自治体では直後に対策本部を設置し、避難所を開設。震源近くの厚真町役場は慌ただしく対応に追われた。自衛隊らと共に被災者に寄り添い、支援に取り組んでいる。被害状況が次々と明らかになり、避難所には約1000人にも上る住民が詰めかけた。インフラの被害は大きく、余震が続く中、復旧には時間を要する見込みだ。地震発生から1週間たった現地の状況を写真で振り返る。

関連キーワード: 災害 胆振東部地震

被害全容把握 道遠く 胆振東部地震から1週間

2018年09月13日 07時00分
被害全容把握 道遠く 胆振東部地震から1週間

 6日に本道を襲った北海道胆振東部地震の発生から1週間が過ぎた。厚真町では道内で過去最大となる震度7を観測。震源地の胆振管内ばかりでなく、札幌市や千歳市、日高管内など広範囲で激しい揺れに見舞われた。一夜明けた厚真町は至る所で土砂崩れが起きて想像を絶する光景が広がり、札幌市清田区里塚では液状化で損壊した住宅や道路陥没が多数発生した。さらに、苫東厚真火力発電所が最初の地震から間もなく緊急停止したことが起因して全道的な停電を招き、その後の道民生活と産業・経済活動に大きな影響を及ぼしている。発災から1週間たってもなお応急復旧もままならず、被害の全容も把握できない状況が今回の地震の巨大さを物語る。この1週間で判明した地震被害と、復旧に向けた動きをまとめた。

関連キーワード: 災害 胆振東部地震

軌道変位115カ所など、日高線除き順次再開へ JR北海道

2018年09月12日 20時00分

 JR北海道は12日、札幌市内で記者会見を開き、北海道胆振東部地震の被災状況や、今後の運転再開見通しを説明した。震災により4区間で115カ所の軌道変位があったほか、安平駅構内ではホーム変状や電柱の傾斜が見つかった。さらに、日高線苫小牧―鵡川間では厚真川をまたぐ厚真川橋の4カ所で桁ずれが発生した。運転を見合わせている区間については日高線を除き、29日までに順次再開する。

関連キーワード: 災害 胆振東部地震 鉄道

全面復旧は11月以降 苫東厚真火力発電所で北電が見通し

2018年09月12日 12時00分

 北海道電力は11日、札幌市内で記者会見を開き、北海道胆振東部地震により緊急停止した苫東厚真火力発電所の全面復旧が11月以降になる見通しを示した。復旧時期は、ボイラ管が損傷した1号機は9月末、2号機は10月中旬、タービンが出火した4号機は11月末以降を予定。ただ、各施設の全ての点検を終えていないことから、今後、多数の損傷箇所が見つかれば復旧時期を見直す可能性があるとした。

関連キーワード: エネルギー 災害 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,194)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,814)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,994)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,919)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,243)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。