ピックアップ

早期激甚指定へ調査加速 土木施設被害把握を支援

2018年09月14日 12時00分
早期激甚指定へ調査加速 土木施設被害把握を支援

 石井啓一国土交通相は13日、北海道胆振東部地震で被災した札幌市と厚真町を訪問し、地盤沈下や土砂崩れの現場などを視察した。厚真町では早期の激甚災害指定に向け「まず、公共土木施設被害額の把握が必要」と述べ、国による調査の加速や査定作業支援を重点化する考えを表明。また、仮設住宅整備といった被災者の生活環境改善対策を急ぐ構えも見せた。

関連キーワード: 災害 胆振東部地震

胆振東部地震で企業の「節電」広がる 休止にする現場も

2018年09月14日 07時00分
胆振東部地震で企業の「節電」広がる 休止にする現場も

 6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で電力の供給力不足が懸念される中、工場やオフィスでも節電の取り組みが広がっている。降雪シーズンが近づいていることもあり、建築、土木とも現場は今が最盛期。しかし、資材調達のしにくさや、電力使用への配慮から、工事を休止している現場も出ている。

関連キーワード: エネルギー 災害 胆振東部地震

厚真断水、1カ月以内復旧を 浄水場など緊急修繕進む

2018年09月13日 20時00分

 北海道胆振東部地震の影響で富里地区の浄水場が被災し、町内全域で断水が続く厚真町は、新町地区の浄水場の電気・配線や取水管、水道管の漏水箇所の緊急修繕を進めている。浄水場の機能が保たれている上厚真地区から順次給水作業を行う考えで、1カ月以内の全面復旧を見込む。

関連キーワード: 災害 胆振東部地震

続く余震 復旧まだ遠く 発生1週間、現地から

2018年09月13日 12時00分
続く余震 復旧まだ遠く 発生1週間、現地から

 6日午前3時7分ごろに発生した北海道胆振東部地震。震源は胆振地方中東部で、厚真、安平、むかわの3町に土砂崩れや家屋の倒壊、断水、停電など甚大な被害を与えた。各自治体では直後に対策本部を設置し、避難所を開設。震源近くの厚真町役場は慌ただしく対応に追われた。自衛隊らと共に被災者に寄り添い、支援に取り組んでいる。被害状況が次々と明らかになり、避難所には約1000人にも上る住民が詰めかけた。インフラの被害は大きく、余震が続く中、復旧には時間を要する見込みだ。地震発生から1週間たった現地の状況を写真で振り返る。

関連キーワード: 災害 胆振東部地震

被害全容把握 道遠く 胆振東部地震から1週間

2018年09月13日 07時00分
被害全容把握 道遠く 胆振東部地震から1週間

 6日に本道を襲った北海道胆振東部地震の発生から1週間が過ぎた。厚真町では道内で過去最大となる震度7を観測。震源地の胆振管内ばかりでなく、札幌市や千歳市、日高管内など広範囲で激しい揺れに見舞われた。一夜明けた厚真町は至る所で土砂崩れが起きて想像を絶する光景が広がり、札幌市清田区里塚では液状化で損壊した住宅や道路陥没が多数発生した。さらに、苫東厚真火力発電所が最初の地震から間もなく緊急停止したことが起因して全道的な停電を招き、その後の道民生活と産業・経済活動に大きな影響を及ぼしている。発災から1週間たってもなお応急復旧もままならず、被害の全容も把握できない状況が今回の地震の巨大さを物語る。この1週間で判明した地震被害と、復旧に向けた動きをまとめた。

関連キーワード: 災害 胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,899)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,617)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,035)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,655)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,433)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。