製品・技術

トラックの保冷ボックスに再エネ 名寄市などが実証実験へ

2022年02月17日 16時20分
トラックの保冷ボックスに再エネ 名寄市などが実証実験へ

 トラックに搭載する保冷用ボックスの充電に、再生可能エネルギーを使用する実証実験が名寄市内で始まる。名寄市など6団体は16日、実験に関わる協議会を発足。ヤマト運輸名寄営業所に太陽光パネルを設置し、夏から開始する。市では物流拠点の構築を目指しており、輸送に必要な環境を整備できるか検証していく考え。脱炭素化推進も視野に入れている。

関連キーワード: エネルギー 上川 物流

硬質プラ燃料化システムを対馬市に納入 エルコム

2022年02月14日 15時41分
硬質プラ燃料化システムを対馬市に納入 エルコム

 環境関連機器の製造・販売を手掛けるエルコム(本社・札幌)は8日、硬質プラスチック専用の燃料化システムを長崎県対馬市に納入した。同社は昨年2月にも発泡スチロール製ブイの燃料化システムを同市に納入している。今回の納入で、漂着ごみの半分を占める漂着プラの全量を資源化できるようになったという。近年課題視されている海洋マイクロプラスチックの抑制を目指す。

関連キーワード: エネルギー リサイクル

耐震開口フレームで中層木造建築に新たな可能性

2022年02月12日 10時00分
耐震開口フレームで中層木造建築に新たな可能性

 J建築システム(本社・札幌)は、4―5階建ての純木造建築を可能にする高耐力開口フレームを開発した。同社の既存品に比べて耐力を3―7倍にアップ。大きな開口部を耐震壁と同様に扱うことで、木造軸組工法でも中層の集合住宅やオフィスなどを建てられる。SDGs(持続可能な開発目標)、脱炭素を背景に建築物木造化の動きが拡大する中、建設業界に広くアピールする。

関連キーワード: 建築 資材

札幌で「下水道展」初開催 23年度

2022年02月09日 18時55分

 札幌市はこのほど、国内最大の下水道技術の展示会「下水道展」の2023年度開催予定地に決まったと発表した。これまで東京や大阪など関東以西で開催されていて、札幌開催は初めてとなる。

名寄市なよろ温泉サンピラー改修 半導体不足で工期延長

2022年02月09日 16時40分

 名寄市は、4月の着工を目指すなよろ温泉サンピラー温浴施設改修の完成時期を7カ月延長する。当初は2022年10月17日としていたが、23年5月31日に先送りする。エレベーターの更新に必要な電子部品に使う半導体の納入時期が見通せないため。工期の変更に伴う事業費の増額はしない予定だ。

関連キーワード: 上川 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,187)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,279)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,756)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,656)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,505)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子
いつもの暮らし便 new

本間純子 いつもの暮らし便
第23回「夏の音」。虫の声は日本語が母語の人だけの音楽会。聞きたい放題、無料です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。