製品・技術

大人2人で15分 組み立て式の和室を共同開発

2021年08月19日 16時00分
大人2人で15分 組み立て式の和室を共同開発

 北大大学院工学研究院の小沢丈夫教授ら研究グループは、大人2人で15分ほどあれば組み立てられる和室「くみたて2020」を内田洋行、海野建設(本社・宮崎県日向市)と共同開発した。大きさは2畳ほどで、コミュニケーション空間として自治体の公共施設や企業の共有スペースなどに導入してもらいたい考え。コロナ禍で苦境に立たされる観光業や飲食業向けに、顧客満足を高めるための差別化ツールとしても活用を見込む。

関連キーワード: 新製品

産廃収集や資材リースをネットで注文 丸喜運輸が運用

2021年07月29日 15時00分
産廃収集や資材リースをネットで注文 丸喜運輸が運用

 丸喜運輸(本社・札幌)は、産業廃棄物処理や仮設資材リース、トラック輸送の発注システム「まーる(MaRu)」の運用を始めた。顧客はパソコンやスマートフォンから24時間いつでも場所や日時、数量などを指定して発注できる。10社程度が利用していて、今後数年かけて顧客全体での活用を促す。

関連キーワード: 企業

廃プラをコンクリに 會澤高圧コンクリが米企業と共同開発

2021年07月18日 10時00分
廃プラをコンクリに 會澤高圧コンクリが米企業と共同開発

 會澤高圧コンクリート(本社・苫小牧)は、プラスチック廃棄物をガンマ線で改質し、砂の代わりにコンクリート材料として使う固定化技術について、米国・MiConテクノロジー社と共同開発契約を結んだ。2023年春の実用化を目指す。従来のような燃料ではなく材料として廃プラを再利用するため、CO排出量削減が期待でき、脱炭素や環境改善につながる技術として注目されそうだ。

関連キーワード: 資材

北電など9社が水素事業プラットフォームを設立

2021年07月09日 15時00分

 北海道電力は7日、道内に拠点を置く民間企業8社と「北海道水素事業プラットフォーム」を設立したと発表した。水素社会・カーボンニュートラルの実現を目指す企業連携の場として水素事業に取り組みたい道内外の企業を結び付ける。事務局は北電と北海道ガスに置く。

関連キーワード: エネルギー 団体

将来見据えた設備投資 道内で広がる自走式破砕機導入

2021年06月24日 10時00分

 道内で自走式や移動式と呼ばれる破砕機の導入が広がっている。定置式砕石プラントの補助で活用するほか、建設副産物のコンクリート塊を再生骨材用に処理したり、水産系副産物の貝殻を肥料として有効活用しようとする動きが出ている。既存の老朽プラントを建て替えたり改修するよりも安価な上、さまざまな現場で転用できるため、将来を見据えた設備投資の一環として導入する企業が多い。

関連キーワード: 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 東宏
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,788)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,645)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,339)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,012)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,922)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。