製品・技術

道庁本庁舎のKYB製免震ダンパー 全12基が不適合

2019年01月25日 12時00分

 KYB(本社・東京)による免震・制振オイルダンパーの性能検査データ改ざん問題で、道庁本庁舎に設置された同社製の免震ダンパー全12基が大臣認定基準に適合しないことが分かった。

関連キーワード: 庁舎

「木造仮設住宅」で地域工務店が復興支援 全木協が講習会

2019年01月25日 07時00分
「木造仮設住宅」で地域工務店が復興支援 全木協が講習会

 全国木造建設事業協会は、木造の応急仮設住宅建設に関する講習会を札幌市内のポリテクセンター北海道で23日に開いた。北海道事務局を務める北海道ビルダーズ協会の会員ら約50人が参加した。午前は、熊本地震で木造の応急仮設住宅を供給した熊本工務店ネットワークの久原英司会長(エバーフィールド社長)が講演。「地域工務店が地域復興の役割を産業として果たせる」と、木造仮設住宅による復興支援の意義を強調した。午後は9坪(約30m²)の木造仮設住宅を建てる実技訓練をした。

関連キーワード: 建築 災害

日産エクストレイル 一部仕様を変更

2019年01月21日 06時59分
日産エクストレイル 一部仕様を変更

 日産自動車は、エクストレイルの一部仕様を変更し、28日に発売する。全車にハイビームアシストと日産オリジナルナビ取り付けパッケージを標準装備。既に標準装備している「踏み間違い衝突防止アシスト」には、前進時歩行者検知機能を追加した。

関連キーワード: 乗用車

作業服の個性化続々 機能性やデザインを重視

2019年01月11日 12時00分
作業服の個性化続々 機能性やデザインを重視

 現場の作業服が変化している。「スーツに見える」をコンセプトに話題を集めたオアシススタイルウェアや、ミドリ安全、東京ユニフォーム(いずれも本社・東京)などがデザイン性を重視した作業服の開発を推進。自社ワークウエアのデザイン刷新に取り組む道内外の企業も見られる。働き手の作業環境やワークスタイルの変化に対応し、機能面やデザイン性を向上した作業服へのニーズが高まっている。

19年市況建設資材値上げ続く 背景に原材料や燃料費高騰

2019年01月10日 18時00分

 原材料費や輸送費などの高騰から、さまざまな資材の値上げが目立った2018年。そうした動きは年を明けても変わらず、むしろトイレや床材、エクステリア商品などエンドユーザーに近い製品へのコスト転嫁が広がろうとしている。今後予定されている建設資材の値上げ動向を見た。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,175)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,317)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,552)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,104)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,099)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。