製品・技術

現場〝見せる化〟に歩行者注目 道路建設が電子看板

2018年12月16日 15時00分
現場〝見せる化〟に歩行者注目 道路建設が電子看板

 道路建設(本社・札幌)は、苫小牧市中心部で進めている電線地中化の施工現場付近に、工事の様子などを紹介するデジタルサイネージ(電子看板)を設置した。工事現場の〝見せる化〟を推進する取り組みで、歩行者に注目されている。現場代理人を務める井上高弘工事長は「スマホと同じ感覚で触って試して」と話す。

関連キーワード: 企業

MT車にもスマアシⅢ ハイゼット・カーゴが一部改良

2018年12月12日 06時59分
MT車にもスマアシⅢ ハイゼット・カーゴが一部改良

 ダイハツ工業は、軽商用車のハイゼット・カーゴを一部改良して発売した。MT車にスマートアシストⅢを標準装備し、安全性を向上させた。

関連キーワード: 商用車

旧インフラ活用 サロマトンネルの可能性(下)

2018年12月09日 18時00分
旧インフラ活用 サロマトンネルの可能性(下)

 電源の供給が一切ない環境で農作物の貯蔵は可能なのか。北見工大の舘山一孝准教授は2014年度から、北見産の男爵とスノーマーチ、とうやのジャガイモ3種とタマネギ、カボチャ、大豆などの豆種を貯蔵する実験を行ってきた。

旧インフラ活用 サロマトンネルの可能性(上)

2018年12月08日 15時00分
旧インフラ活用 サロマトンネルの可能性(上)

 佐呂間町の国道で2009年に新佐呂間トンネルが完成したことにより廃道になった旧サロマトンネル。北見―遠軽間を結ぶ最短ルートとして物流の幹線を担っていた。地域住民から惜しまれながら閉鎖したトンネルを10年から農作物の貯蔵庫として再利用する研究を北見工大の舘山一孝准教授が進め、研究結果をまとめた。オホーツク地区は生産量日本一を誇るタマネギなど農作物の一大生産地。実現できれば地域の貴重な農作物の備蓄基地となる。研究を実施するに至った経緯や課題、旧インフラ活用の可能性を探った。

コンパクトクロスオーバーUXを発売 LEXUS

2018年12月06日 06時59分
コンパクトクロスオーバーUXを発売 LEXUS

 LEXUSは、都会派コンパクトクロスオーバーの新型UXを発売した。クロスオーバーらしいシルエットを強調しながら、優れた操舵応答性や操縦安定性を実現。2リッターのハイブリッドシステムなど最新のパワートレーンも搭載する。

関連キーワード: 乗用車

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,024)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,492)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,468)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (984)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。