製品・技術

「れんが積み」など技能評価認定へ 道の制度活用を検討

2018年08月15日 14時00分
「れんが積み」など技能評価認定へ 道の制度活用を検討

 北海道メーソンリー工事業協会(山本敏一会長)は、2011年度で技能検定が廃止された「コンクリート積みブロック施工」と「れんが積み」について、企業などによる技能評価を道が公に認める「北海道技能評価認定制度」の認定に向けた検討を始めた。これまで同制度に認定されているのは、デンソー北海道(本社・千歳)によるIC製品組み付けのみ。人材育成や技能者の社会的・経済的地位向上の見地からも、建設業界を含めた広がりが期待される。

外壁診断に「飛ばないドローン」 来春の製品化目指す

2018年08月02日 13時00分
外壁診断に「飛ばないドローン」 来春の製品化目指す

 日東建設(本社・雄武)は、ビルやマンションなどの外壁診断装置「IDA―03」を開発中だ。プロペラの推進力でマシンが壁に張り付き、タイルの浮きや剥離などを衝撃弾性波法によって調べる、いわば〝飛ばないドローン〟。カメラを備えるため画像による目視確認も可能。屋上アンカーとワイヤを取り付けることから落下の危険が少ない。2019年4月の製品化を目指している。

関連キーワード: 新技術 新製品

新型低床路面電車「1100形」10月上旬に運行開始

2018年07月28日 09時30分
新型低床路面電車「1100形」10月上旬に運行開始

 札幌市は、新型低床車両の1100形を10月上旬に運行開始する予定だ。通路幅を広く確保できる単車タイプを採用し、段差のない座席を設置するなど、既存車両から利便性を向上。運行に向け、7月31日に電車事業所に搬入し、8月に走行試験を実施する見込み。

関連キーワード: さっぽろ圏 鉄道

最先端のAI研究など紹介 北洋銀のものづくりテクノフェア

2018年07月27日 14時00分
最先端のAI研究など紹介 北洋銀のものづくりテクノフェア

 北洋銀行は26日、「ものづくりテクノフェア2018」を札幌市内のアクセスサッポロで開いた。北海道命名150年を記念する今回は、過去最多の238企業・団体が出展。生産性向上につながるロボットの展示のほか、道内大学・企業による最先端のAI(人工知能)研究などを紹介する「北海道のものづくり」ゾーンを設けた。函館と旭川の両高専による、ロボットを使った風船割りの実演もした。

関連キーワード: 新技術

CF工法協会10日発足 ゼネコンなど参加し普及啓発推進

2018年07月06日 08時30分
CF工法協会10日発足 ゼネコンなど参加し普及啓発推進

 清都組(本社・石狩)が開発したCF(キャンバーフォーム)工法の普及に向け、道内外のゼネコンなど21社で構成するCF工法協会が10日に発足する。会長に清都一章同社社長、副会長に栗田悟北海道建設業協会副会長が就任。道内での工法普及と啓発宣伝、技術開発などを進める。

関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,091)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,302)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,582)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,025)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,619)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。