行政・予算

没後20年を前に毛綱毅曠企画展 道立釧路芸術館

2020年07月30日 18時00分
没後20年を前に毛綱毅曠企画展 道立釧路芸術館

 あの印象的な作品群はどんな発想から生み出されたのだろう―。釧路市生まれの建築家・毛綱毅曠の没後20年を前に写真や図面、イメージ画などで作品の魅力や背景にある哲学を伝える企画展が、道立釧路芸術館で開かれている。

関連キーワード: 建築 釧路

排雪利用のホワイトデータセンターが美唄市内で事業化へ

2020年07月30日 15時00分

 国内最先端の省エネ型データセンターを目指して―。排雪を利用しコンピューターサーバーを冷却するホワイトデーターセンター(WDC)構想が今秋に美唄市内で事業化する。事業主体の共同通信デジタル(本社・東京)は、データセンター開設だけでなく、排熱利用の陸上水産養殖や植物工場設置、バイオマス発電やソーラー発電も構想。美唄モデルとして自治体と緊密な連携を構築しつつ、地場企業も含めた共同体で事業展開したい考えだ。

関連キーワード: 空知

リゾート化進む倶知安町山田 上水道整備が難航

2020年07月27日 10時00分
リゾート化進む倶知安町山田 上水道整備が難航

 大型リゾート開発が進むニセコの倶知安町山田地区で、上水道整備の在り方が問われている。町は水道需要増に伴う施設増強に向け、2021年度からの8カ年で必要な事業費を68億7000万円と試算するが、巨額の費用負担に町議会は批判を強めている。一方、導入に向け検討の始まった開発負担金には開発事業者側からの不満が漏れる。国庫補助が心もとない中で、町は難しいかじ取りを強いられそうだ。

関連キーワード: リゾート 上水道 後志

人口減に対応 千歳恵庭圏都市計画区域の整備開発方針案

2020年07月24日 10時00分

 千歳恵庭圏都市計画区域の整備・開発および保全の方針案がまとまった。現在、千歳、恵庭両市では人口増加を維持しているが、目標となる2030年の圏域人口は16万3100人と減少を予想。環境の変化に対応するため、島松地区の住環境改善や専用住宅地の配置、工業・流通業務地の形成促進といった土地利用の方針を定め、都市生活の維持を図る。

関連キーワード: さっぽろ圏 道路

千歳市内の337号 コロナ対策で歩道上の営業を許可

2020年07月21日 10時00分

 千歳市の駅前通となっている国道337号の歩道に対して北海道開発局が17日付で占用許可を出した。新型コロナウイルス感染防止対策として実施している道路占用許可基準の緩和に基づくもので、飲食店などが椅子やテーブルを路上に出して営業することを認める。道内では室蘭市に続く2例目で、国道の占用許可としても全国2例目だ。

関連キーワード: 新型コロナ 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • web企画
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,218)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,077)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,620)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,388)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。