行政・予算

岩見沢市の新庁舎、地元業者で完成

2021年12月03日 12時00分
岩見沢市の新庁舎、地元業者で完成

 2019年10月に着工した岩見沢市の新庁舎[MAP↗]が地元建設業者の施工で完成した。平時は市行政の要、有事は防災・災害復旧の拠点として最新のICTを用いたネットワークを構築。12月25日に市民向けの内覧会を開く。22年1月4日から供用開始する。

関連キーワード: 庁舎 空知

施設整備費800億円試算 札幌市30年冬季オリパラ計画案

2021年12月01日 09時00分

 札幌市は29日、2030年大会の招致を目指す冬季オリンピック・パラリンピックの開催概要計画案を明らかにした。19年度の試算より100億―900億円削減し、経費総額は2800億―3000億円とした。うち施設整備費は800億円。既存施設を最大限活用する方針で、市の負担額は約450億円を見込む。新月寒体育館を整備し、新旧の月寒体育館を競技会場として利用。市住月寒団地建て替えと連動した選手村整備などを盛り込んだ。

札幌・月寒東の国有地を五輪選手村に🔒

2021年12月01日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年11月30日付2面に掲載されました。本文は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナーをご覧ください。

道東道新得スマートIC設置へ 29日に準備会発足

2021年11月29日 09時00分

 道東自動車道のトマムIC―十勝清水IC間の仮称・新得スマートIC設置に向けた準備会が29日に発足する。準備段階調査の採択から3カ月半を経て、事業化にまた一歩近づいた。地元新得町では、スマートICとの相乗効果を図る道の駅新設を見据える。佐藤博行副町長は「準備会をスムーズに進め、早期事業化に向け努力する」と決意を新たにした。

関連キーワード: 十勝 国土交通省 高速道路

道内のサテライトオフィス開設数が全国最多に

2021年11月26日 15時00分
道内のサテライトオフィス開設数が全国最多に

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、2020年度末までに道内のサテライトオフィス開設数が全国最多となった。21年度は新型コロナ感染者数が減少しているものの、道内IT関連の有効求人倍率の低さやオフィス賃料の安さを背景に北海道を選ぶ企業は多い。さらに、札幌市ではスタートアップ企業を対象とした小規模企業進出を促す補助制度なども始まり、今後も開設数増加が予想される。

関連キーワード: 働き方改革

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • web企画
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,461)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,318)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,210)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,682)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。