行政・予算

産業観光活用へ土地利用見直し 室蘭市の祝津埠頭背後地

2021年12月10日 15時00分

 室蘭市は7日、開会中の定例市議会一般質問で祝津埠頭背後地の土地利用を一部見直す考えを示した。2020年度に策定した観光振興計画で重点観光エリアに位置付け、祝津埠頭では水深11m岸壁の整備が進むが、11月に大成建設が浮体式洋上風力発電施設の製造拠点整備構想を表明。市は大型客船寄港と大成建設の部材運搬どちらにも対応できるようにする。

関連キーワード: エネルギー 港湾 胆振 観光

流出土砂処理指針など策定へ 旭川市が気候変動適応計画案 

2021年12月10日 09時00分
流出土砂処理指針など策定へ 旭川市が気候変動適応計画案 

 旭川市は、温暖化による災害リスクを軽減するための気候変動適応計画案を作成した。大規模な水害時の流出土砂処理についての指針を新たに策定するほか、忠別川浄水場の非常用発電設備設置、内水氾濫に備えた雨水排水施設の整備推進などを盛り込んだ。気温の上昇に備えて市発注工事に従事する建設作業員の熱中症対策も検討していく。

関連キーワード: 上川 災害

地理空間情報利活用推進 Geoアクティビティコンテスト

2021年12月09日 17時00分

 国土地理院は7、8日の両日、地理空間情報の利活用策を紹介する「Geoアクティビティコンテスト2021」を東京都内で開き、審査で高評価を得た8者を表彰した。北海道建設新聞社が発表した「建設ニュースを地図で発信e―kensinマップ」は地域貢献賞に選ばれた。

関連キーワード: 国交省

札幌市各部局の22年度予算要求概要

2021年12月09日 09時00分

 札幌市は7日、2022年度一般会計の予算要求概要を発表した。要求総額は21年度当初比4.5%増となる1兆1645億円。ポストコロナを見据えた新たな成長推進枠に55事業で1252億円、事業の柔軟な見直しなど追加補強枠に30事業で39億円、コロナ禍を踏まえた事業の再構築を推進するリビルド枠に約6億円を積み上げた。

関連キーワード: さっぽろ圏 市町村行政

道警釧路庁舎など18棟が長寿命化不適合🔒 

2021年12月09日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年12月8日付1面に掲載されました。本文は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナーをご覧ください。

関連キーワード: 本紙見出し 長寿命化

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,764)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,633)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,329)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,009)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,919)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。