行政・予算

【速報】22年度道開発予算第2次補正 国費ベースで国土強靱化1100億円を含め1524億円、ゼロ国債は事業費ベース462億円措置

2022年11月08日 17時46分

国交省22年度2次補正案 道開発事業費は国費ベースで1500億円台

2022年11月04日 19時00分

 国土交通省の2022年度第2次補正予算案に含まれる北海道開発事業費は、国費ベースで1500億円台となる見通しだ。政府の22年度第2次補正予算案は8日閣議決定する。同補正予算案には防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策の4年目予算が盛り込まれるが、このほど決定した新たな経済対策に基づき、これが手厚く措置される。加速化対策の先細りを懸念する声も聞こえるが、前年度並みの補正予算が確保されるとみられる。

関連キーワード: 予算 国交省

北広島市、23年度に土木事務所跡の活用検討

2022年11月02日 18時53分
北広島市、23年度に土木事務所跡の活用検討

 北広島市は移転新築中の土木事務所に関し、2023年度に跡地の利活用を検討する。23年3月に開業するエスコンフィールドHOKKAIDOに近接。民間事業者への売却かJR新駅の駅前広場としての活用を想定する。夏以降の発注を見込む事務所解体と同時進行で検討に取り組む。解体は年度内に終え、利活用についても早期に固める考えだ。

道内5区域で洋上風力の系統確保スキーム適用検討

2022年11月02日 09時00分
道内5区域で洋上風力の系統確保スキーム適用検討

 経済産業省は、石狩市沖など道内5区域で、洋上風力発電に応じて適切な電力の出力規模を定め、必要な系統容量をあらかじめ確保する「系統確保スキーム」の適用を検討する。まずは2022年度に、5区域の適切な洋上風力発電出力規模などの調査に取り組む。結果を基にスキーム適応が決まれば、開発事業者側のリスクやコスト低減にもつながり、道内での洋上風力発電実現に向けて弾みがつきそうだ。

関連キーワード: エネルギー 風力発電

駅前を歩行者空間に直結 真駒内まちづくり計画素案

2022年11月01日 18時52分
駅前を歩行者空間に直結 真駒内まちづくり計画素案

 札幌市まちづくり政策局は1日、真駒内駅前地区まちづくり計画の素案として、駅前を歩行者空間などにして駅と街区を直結させる方針を示した。平岸通を迂回させて人の動線を確保し、人と公共交通が主体のまちづくりを目指す。交差点改良や信号機設置などで自動車交通の円滑性も確保する。事業期間は計画策定から約15年を想定する。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,209)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,188)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,547)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,524)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,498)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。