行政・予算

札幌市、22年度介護保険施設整備者を決定🔒

2021年12月21日 12時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年12月17日付14面に掲載されました。本文は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナーをご覧ください。

関連キーワード: さっぽろ圏 医療福祉 本紙見出し

自動運転バスの冬季運行へ 上士幌町で実証実験

2021年12月20日 15時00分
自動運転バスの冬季運行へ 上士幌町で実証実験

 冬になると凍結や積雪で多くの危険が伴う北海道の路面。ハンドルのない自動運転バスの冬季運行に向けた実証実験が上士幌町で始まった。上士幌町や自動運転車導入企画のBOLDLY(本社・東京)、十勝バス(同・帯広)などが連携。15―19日に自動運転バス1台が1日当たり20便運行する。除雪や凍結防止剤の散布などで道路環境を整え、安全な運行に挑む。

関連キーワード: ICT 十勝 地域交通

道4定追加補正の工事請負費は1052億円

2021年12月20日 09時00分

 道が16日の第4回定例道議会に追加提案した補正予算は、同日可決された。追加補正した総額1637億7941万4000円のうち、工事請負費は1052億3484万3000円に上る。事業別で見ると、建設費が461億7551万9000円、農政費が426億5239万1000円と大半を占めた。

セコマ1号店開店と地下鉄開業から50周年 パネル展を共催

2021年12月18日 09時00分
セコマ1号店開店と地下鉄開業から50周年 パネル展を共催

 地下鉄の開業から50周年を迎えた札幌市交通局と、セイコーマート1号店オープンから50周年のセコマは16日、地下鉄駅構内を会場に記念パネル展を開始した。壁や柱に市交通局とセコマが地域に根差して歩んできた歴史を振り返る年表や写真を張り出している。

関連キーワード: さっぽろ圏 交通

標茶町の給食共同調理場が完成 22年1月から供用開始

2021年12月17日 15時00分
標茶町の給食共同調理場が完成 22年1月から供用開始

 標茶町教育委員会が川上1丁目25に移転改築を進めていた標茶中央学校給食共同調理場が完成した。供用開始は2022年1月を予定し、総事業費は約13億円。町内小中学校のほか、同8月からは標茶高へ給食提供を予定している。

関連キーワード: 学校 釧路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,461)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,318)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,210)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,682)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。