製品・技術

沈下修正へ最適な工法を 曳家岡本の岡本社長が講演

2019年05月22日 15時00分
沈下修正へ最適な工法を 曳家岡本の岡本社長が講演

 沈下修正、古民家再生を手掛ける曳家岡本(本社・高知)の岡本直也社長が札幌市内で17日に講演し、地震や豪雨災害で傾いた住宅を直すための6工法について解説した。自社が扱う土台揚げ工法のほか、薬液樹脂注入工法や発泡ウレタン工法などのメリット・デメリットを紹介。北海道胆振東部地震で被害を受けた札幌や厚真の人々を念頭に、最適な工法選びのポイントを伝えた。

関連キーワード: 建築 災害 胆振東部地震

工法普及の課題探る 日本CFS建築協会が専門家講演会

2019年05月20日 15時00分
工法普及の課題探る 日本CFS建築協会が専門家講演会

 国内でのCFS建築工法の普及を目指す日本CFS建築協会は16日、都内の早稲田奉仕園で専門家講演会を開いた。日本での普及率が低いCFS建築工法の知見を共有し、高口洋人早稲田大教授を招いて住宅エネルギーや環境性能について解説。環境負荷の低い住宅を浸透させるための解決策を探った。

関連キーワード: エネルギー 建築

業務適性判断などに活用 FA―MASの感情スキャナー 

2019年05月16日 15時00分
業務適性判断などに活用 FA―MASの感情スキャナー 

セキュリティー機器販売やシステム開発を手掛けるFA―MAS(本社・東京、ファマス)は、感情スキャナー「Aシステム」を活用した組織力向上のトータルソリューションを提供している。1分間の動画撮影によって、人の感情を見える化。解析結果はストレスや攻撃性など16項目ほどで数値化し、従事する部署や業務の適性判断などに役立ててもらう。2018年6月のサービス開始から、建設や運送会社など80社ほどの導入実績を上げている。

関連キーワード: 人材確保

技術革新・統廃合・IoT 平成の建設資機材を振り返る

2019年04月27日 12時00分
技術革新・統廃合・IoT 平成の建設資機材を振り返る

 新元号の令和まで残りわずかとなった。建設資材や機材に主眼を置いて平成の30年余りを振り返ると、日進月歩の技術革新が浮かび上がる。規制緩和や経済不況を背景に、企業と生産拠点の統廃合が加速。現在は少子高齢化や人口減少という新たな課題を抱えながら、AIやIoT、3Dプリンター、自動運転などをキーワードに第4次産業革命へ進んでいる。平成の建設資機材を歴史を振り返る。

レーザーで道路示す「ビーコンライナー」 中大実業が提案

2019年04月22日 15時00分
レーザーで道路示す「ビーコンライナー」 中大実業が提案

 中大実業(本社・札幌)は、通行中の濃霧や吹雪など視界不良対策に「ビーコンライナー」を提案している。レーザー光で長さ20mのラインを路面に映し出し、ドライバーに路肩の道路位置を示す視線誘導標。矢羽根の補助的な役割を果たし、同じ支柱に取り付けられるほか、配線工事が不要なため導入しやすい。稚内や倶知安など道内6カ所でのフィールド試験で効果を確認。来シーズンに向け、広く使ってもらいたい考えだ。

関連キーワード: 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,765)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。