製品・技術

胆振・日高管内の建設現場でICT施工導入相次ぐ

2023年10月24日 17時04分

 胆振・日高管内の建設現場で、ICT施工の新たな技術の導入が相次いでいる。人材確保の先行き不透明感が増す中、生産性の向上につながる最新機器の採用がバックホーなどで広がりを見せる。一方、クレーン車はより繊細な操作が必要で自動化が難しいとの指摘もあり、重機の種類によってハードルの高さは大きく異なる。

関連キーワード: ICT 日高 胆振

中頓別町を最北のワイン生産地へ 30年度試験販売目指す

2023年09月01日 16時46分

 中頓別町は、日本最北のワイン生産地を目指している。特産品の開発を目指しブドウの試験栽培を始めた。良好な結果を得て2023年度は商用化を見据えた苗木を定植。30年度の試験販売を経て、本格的なワイン生産に結び付けたい考えだ。

関連キーワード: 宗谷 酒造

苫小牧市内で再エネ水素供給網構築へ SGETが計画

2023年07月12日 16時40分
苫小牧市内で再エネ水素供給網構築へ SGETが計画

 スパークスグリーンエナジー&テクノロジー(SGET、本社・東京)は、苫小牧市内で再生エネルギー水素のサプライチェーン構築を計画している。市が管理する廃棄物発電と、同社が設置予定の太陽光発電を組み合わせて生み出す電力を活用し、コストを縮減しながら年間最大100万ノルマルm³の水素を製造する。市有施設などへの供給で冬場のエネルギー消費量削減につなげたい考えだ。

関連キーワード: エネルギー 胆振

札幌市が太陽光PPA活用加速 円山動物園に初導入へ

2023年07月07日 08時00分
札幌市が太陽光PPA活用加速 円山動物園に初導入へ

 太陽光発電のコーポレートPPA(電力販売契約)活用に向け、札幌市が取り組みを強化している。2023年度は市有施設として初めて、円山動物園での導入を図る。廃棄物最終処分場や上下水道施設での事業も検討中。積雪地で設置費用を抑制し得る新たな技術の開発にも着目している。

GNSSでガス導管検査 北ガスなどが開発

2023年07月05日 07時00分
GNSSでガス導管検査 北ガスなどが開発

 北海道ガスなどは、高精度な衛星測位システム(GNSS)を用いたガス導管検査管理システムを開発した。検査済み箇所の位置情報を即時に取得し、クラウドを通じてデジタル図面に検査の進捗状況を自動記録。都市ガス業界初の技術で、作業時間削減を実現する。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,743)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,543)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,496)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,158)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,071)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。