行政・予算

初感染から4カ月 コロナが変えた北海道

2020年06月03日 09時00分

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う国の緊急事態宣言が5月25日に解除された。1日には道の休業要請も全面的に解かれ、第2波襲来で阻まれた「感染拡大防止と社会経済活動の両立」へ2度目の挑戦が始まる。1月28日に道内で初めて感染者が確認されてから4カ月。ウイルスという目に見えない脅威によって道内経済は急速に冷え込んだ。建設業界にもさまざまな影響が広がったが、それにもかかわらず道民の暮らしや社会機能を維持する役割を担い続けてきた。第3波を警戒しながらも社会と経済の回復へと一歩を踏み出すに当たり、この4カ月間の動きを行政と建設業界の視点からまとめた。(感染症対策取材班)

関連キーワード: 企業 新型コロナ

テレワーク拠点に 上士幌町がシェアオフィスの開設準備

2020年05月30日 10時00分
テレワーク拠点に 上士幌町がシェアオフィスの開設準備

 上士幌町は、2019年度に完成したシェアオフィスの開設準備を進めている。ナイタイ高原牧場を一望できるロケーションを生かし、町外の利用者にテレワークの拠点として活用してもらう。新型コロナウイルス感染防止としてテレワークが注目される中、首都圏からの引き合いが多く、町は「準備ができ次第供用したい」と話している。

関連キーワード: 働き方改革 十勝

「道の駅るもい」看板とスタンプのデザイン決まる

2020年05月27日 15時00分
「道の駅るもい」看板とスタンプのデザイン決まる

 留萌市は、「道の駅るもい」[MAP↗]の象徴となる看板とスタンプ=写真=のデザインを決めた。看板は留萌の美しい夕日や漁業、農業などをイメージ。スタンプは、ゆるキャラKAZUMOちゃんのイラストに、道の駅近隣の留萌港やルルモッペ大橋、黄金岬などの景観を組み合わせた。

関連キーワード: 留萌 道の駅

データセンターを重点施設に追加 札幌市の設備投資補助

2020年05月22日 15時00分

 札幌市経済観光局は、札幌圏設備投資促進補助制度の補助内容を拡充し、データセンターを重点施設に追加した。データセンターを札幌市内に新設した場合の補助限度額を10億円へ引き上げたほか、これまで補助対象外としていた札幌圏域についても新設のみ5億円を上限に補助する。制度拡充により札幌圏への進出を促進し、質の高い雇用創出と経済活性化につなげたい考えだ。

関連キーワード: ICT

富良野川火山砂防など大規模事業26地区の妥当性認める

2020年05月19日 10時00分
富良野川火山砂防など大規模事業26地区の妥当性認める

 道は15日、2020年度第1回公共事業評価専門委員会(委員長・内田賢悦北大大学院工学研究院教授)を開き、国に21年度着手を要望する事業費10億円以上の大規模公共事業を事前評価した。事業費189億円を見込む富良野川火山砂防(上富良野町)など29地区が対象。事業の必要性や効果を検証して26地区の妥当性を認めたが、啓北団地(旭川市)をはじめ道営住宅建設の3地区は、委員から民間活力の可能性も調査する必要があるという指摘を受け、判断を保留した。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,275)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,384)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,983)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,832)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,195)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。