連載・特集

分譲マンション 老朽化の行方(下) 法整備も進まぬ再建

2021年06月15日 10時00分
分譲マンション 老朽化の行方(下) 法整備も進まぬ再建

  札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。
 円山公園や北海道神宮にほど近い高級住宅街の宮ケ丘地区にある3階建ての分譲マンション「ルーブル富士神宮外苑」。敷地1500m²の広さに対してゆとりを持って建てられ、れんが色の重厚な外観が特徴的だ。しかし築38年が経過。京阪電鉄不動産(本社・大阪)が取得し、近い将来新たなマンションに生まれ変わる。

深掘り 東京農大 黒滝秀久教授

2021年06月14日 12時00分
深掘り 東京農大 黒滝秀久教授

 新型コロナウイルスの感染拡大で発生したウッドショックは、道産材普及拡大のきっかけになり得るか。自然資源経営を研究し、道内林業に詳しい東京農大の黒滝秀久教授に現状と対策を聞いた。

関連キーワード: 建築 深掘り 資材

おとなの養生訓 第209回「糖分の中毒性」 甘い燃料の取り過ぎ注意

2021年06月14日 09時00分

 体重を気にする人には、糖分は大敵。おまけに、取りすぎると糖尿病となる危険性もあり、現代ではとかく敬遠されがちです。しかし、糖分が多く含まれた食べ物、つまり甘い物は、大好きな人も多く、お菓子やフルーツ、飲みものなど、体に良くないと思っていてもやめられないと悩む人も、これまた多いものです。この不思議な糖分について、考えてみようと思います。

関連キーワード: おとなの養生訓

分譲マンション 老朽化の行方(上) 再建か修繕か、現実は

2021年06月14日 08時00分
分譲マンション 老朽化の行方(上) 再建か修繕か、現実は

 札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。大規模修繕で資産価値を保つ選択もあれば、建て替えを決断する案件も出てきた。それでも、費用負担や複雑な権利関係を有するため一筋縄ではいかない現実がある。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

本間純子 いつもの暮らし便(9)意外に低い葉っぱの彩度

2021年06月11日 09時33分

 北海道にも緑が美しい季節がやってきました。長い冬が明け、地面や枝にともる芽吹きの緑は、待ちに待った色ですし、若い緑が成長していく風景は、心がワクワクします。

関連キーワード: いつもの暮らし便

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,154)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,128)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。