コラム「透視図」

天皇退位の論点整理

2017年01月25日 09時47分

 なぞなぞを一つ考えた。単純な足し算である。いささか難解かもしれないがご容赦願いたい。問題は次の通り。「船頭多くして船山へ登る」に「大山鳴動して鼠一匹」を加えると何になるか

 ▼「ああ、あれかな」と、すぐにピンときた勘のいい人もいよう。あまりもったいぶっても何なのでさっさと言うが、答えは「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が23日に公表した、結論があいまいな論点整理である。もともとこの程度のもので良しとするつもりだったのだろうか。退位問題の本質に、ズバリと切り込む論点を提出するものだとばかり思い込んでいたが。どうも見たところ、昨年11月の専門家へのヒアリングで、行き先の違う船頭が多く乗り合わせた結果、山を動かすどころか振り出しに戻ってしまったようだ

 ▼かろうじて、政府の狙いとされる「退位は一代限り」の方向をにじませてはいるものの、こんな考えがある、あんな考えもある、課題だってこれだけある、とさっぱり要領を得ないのだ。昨年8月の天皇陛下の「おことば」を振り返りたい。注目点は「象徴」である。陛下はそれを、国民の幸せを祈るとともに寄り添う存在と考えておられた。旅も含めた務めはそのために大切なものだと

 ▼陛下はいわば現場感覚を語ったのだろう。戦後初の天皇として長年務めを果たしてきた上で、である。専門家も有識者会議も政府も、現場を無視した空論を並べてはいないか。現場が常に正しいとは限らない。ただ、その海のことを一番よく知っているのは、その海で生きてきた船頭である。


稀勢の里横綱へ

2017年01月24日 09時32分

 室町期に活躍した能作者にして名役者の世阿弥は、能の理論を体系化した『風姿花伝』で「鬼の能」についてこう記している。「是、殊更大和の物也。一大事也」

 ▼大和とは世阿弥が属していた「大和申楽」の流派のこと。能にはいろいろな役があるが、中でも「鬼の能」はお家芸だから、そのつもりで技を磨き、気を入れて演じるべしというのである。観客に「大和の鬼は違う」と言わしめる何かがあったのだろう。相撲を日本人だけのものにしたいなどという偏狭な考えは持っていないが、やはり国技である。お家芸であってほしいとの願いは、少なからぬ人が抱いているのでないか。となれば日本出身力士の横綱が誕生するのはうれしいし、素直に喜びたい。実現すれば、日本出身の横綱は若乃花以来19年ぶりというのだからなおさらである。つまり21世紀に入ってやっと一人目

 ▼大相撲初場所で初優勝を決めた大関稀勢の里の横綱昇進がほぼ決まったらしい。あすの理事会で正式に決定の運びとなるようだ。横綱白鵬を破った千秋楽も見事だった。土俵際に寄せられ、残しに残してからのすくい投げ。稀勢の里は場所後、土俵際は「誰かに支えられた気がした」、初優勝は「自分一人でここまできたわけじゃない」と語っていた。奥ゆかしい人だ

 ▼ただの競技ではない何かに触れたくて、観客は相撲を見るのだろう。その何かは心技体の「心」にこそあるのではないか。『風姿花伝』にいわく、花は「心より心に伝はる」。相撲の花は横綱相撲だろう。稀勢の里の花も多くの人の心を打つに違いない。


文科省の天下り

2017年01月21日 09時20分

 寿命は伸びれど給料は伸びず、頼みの年金も縮む一方というのが今のご時世である。朝から浮かない話で申し訳ない。定年延長の制度も定着してきてはいるが、老後を全て賄えるほどのやりがいも金銭的余裕も与えてくれないのが実情だろう

 ▼いっそのこと、評論家の中野孝次が提唱した「清貧の思想」で生きようと思ってはみても、かすみを食って生きていけるほど人間ができておらぬ。難儀な現実というほかない。第一生命「サラリーマン川柳」に以前あったこんな一句に共感する人も多いだろう。「定年後私は何をする人ぞ」(脱サラリーマン)。先が見えない以上、不安を抱くのは当然である

 ▼ところが雲の上に住むらしい霞が関の人々にとって、そんな心配は無用のようだ。文部科学省の元高等教育局長が同省のあっせんを受け早稲田大に再就職したという。しかも人事担当者が元局長在職中、大学側に情報を流していたとのこと。元局長をエレベーターに乗せ、上階行きのボタンまで押してあげたわけ。国家公務員法違反だが、法を度外視した天下りは慣例になっていたようだ。国益より省益に重きを置く霞が関流だろう。天下りを大事にしているからには、「天」にも「下」にも甘い汁があるに違いない

 ▼筒井康隆版『現代語裏辞典』によると、【天下り】は「役人が退職後、真に世の中の役に立とう」とすることだという。農水省は農民や漁民に、法務省は夜回りに再就職すべしとある。文科省には何がいいか。少なくとも順法精神と公共心を教える仕事だけはやめさせた方がよさそうだ。


トランプ大統領誕生

2017年01月20日 09時02分

 朝の天気予報を見ていたら、気象予報士が道内多くの地域でしばらく真冬日が続くと言っていた。それもそのはず、きょうは旧暦二十四節気の大寒である

 ▼道理で足元からはい上ってくる冷気が骨身にこたえるはずだ。思わず昭和歌謡『小樽のひとよ』(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)を口ずさんでしまう人もいるのではないか。「小樽は寒かろ/東京も/こんなにしばれる/星空だから/語り明かした/吹雪の夜を」。寒さが殊更身に染みるのは、例年を超えうず高く積み上がった道路脇の雪山のせいもある。しばれに加えて大量の雪では、弱気も出ようというものだ。「大寒を死なず挫けず諦めず」高橋隆子。自分を励ましながら乗り切るしかない

 ▼ところでこの積雪深、道内全域が筆者の日頃見ている札幌と同じではない。気象庁の集計によると、札幌周辺と道東、太平洋沿岸地方では平年以上の地点が多いものの、後は総じて少ない。豪雪地域の岩見沢も19日現在で平年比55%の42cmにとどまっているそうだ。きょう、ドナルド・トランプ氏が米国第45代大統領に就任する。米CNNテレビの世論調査で支持率が歴史的な低さの40%と相当お寒い結果だったようだから、大寒の日の行事としてはうってつけだろう

 ▼寒けを感じるのは日本も米国と似たようなもの。氏は「米国第一主義」を押し立て、日本に安保や貿易で心が凍るような寒風を吹き付けている。それがまた誤解に基づいているからたちが悪い。つい歌ってみたくなる。「米国は寒かろ/日本も」。さて、こちらの大寒はどう乗り切ろう。


北海道の転換点

2017年01月19日 10時00分

 国道12号美唄市光珠内から滝川市国道38号交点までの29・2㌔は、日本一長い直線道路としてよく知られている。着工は1886年だが、当時の工事復命書には「後で手直しが出ないよう、なるべく直線にすること」との趣旨の指示が書かれていたそうだ

 ▼この区間に限らず本道には直線の道路が多い。開拓地ならではだろう。2地点間を最短で結べる条件がそろっていた。直線道路はいわば開拓の記念碑というわけ。幕末、明治に活躍した探検家松浦武四郎は、本道をくまなく踏査した上で「東西蝦夷山川地理取調図」を完成させた。縦2・4m、横3・6mにもなる大地図である

 ▼月尾嘉男東大名誉教授は道立文書館で初めてこの詳細な図を目にしたとき、あることに気付き驚嘆したそうだ。「この地図には一本の直線もなく、すべてが曲線で構成されている」(『未来フロンティア紀行 北海道二十一世紀』06年)。そこにあったのはアイヌ民族の生活も含む手つかずの北海道。今はなき昔が見えたのだろう。月尾教授は地図を眺めて考えたという。直線道路に象徴される開発の歴史は否定しないが、方向転換は必要だ、と。その「ひとつの方法」に挙げたのが「取調図」を転換の起点に置くことだった

 ▼18年実施の「北海道150年記念事業」のキーパーソンに武四郎が選ばれたのも、「ひとつの方法」と軌を一にするものといえようか。高橋はるみ知事は今週初め、武四郎の生地三重県松阪市を訪れ、竹上真人市長と事業展開で連携を約束したそうだ。原点に戻ることは、時に未来への近道になる。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,726)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,019)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,777)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,307)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,263)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。