コラム「透視図」 - 北海道建設新聞社 - e-kensin - Page 2

ことし前半終了

2022年06月30日 09時00分

 日本語には時の微妙な意味合いを表す言葉が多い。今しがた、とこしえに、じき、かねて、久しい、夜っぴて―。枚挙にいとまがない。「やっと」もその一つ

 ▼古川柳にもこんな句があった。「かみなりをまねて腹掛けやっとさせ」。腹掛けを嫌がる子どもの前で親が雷様のまねをし、おへそを取られるからと脅して着せることに成功したのだろう。「やっと」には、長くて大変だったという気持ちが込められている。きょうで6月も終わり。日数としては少しずれるものの、1年の折り返しである。やっと半年か、と既に疲れ気味の人もいるのでないか。大きな出来事が相次ぎ、気の休まる暇がない。1月早々から北朝鮮が立て続けに弾道ミサイルを発射。正月気分を吹き飛ばした

 ▼それが号砲を鳴らしたかのように、変異株オミクロンで新型コロナウイルス感染が爆発的に拡大。2月1日には1日の国内新規感染者が10万人を超えた。それが下火になりかけた同月24日に、今度はロシアのウクライナ侵略である。人々の関心が国外を向いている隙を突いて、3月16日に最大震度6強の福島県沖地震が福島、宮城両県を襲った。自然災害ばかりではない。4月23日には最悪の人災が発生。死者14人、行方不明者12人を出した知床の遊覧船沈没である

 ▼本年度からはガソリン代に加え、物価が軒並み上昇。最近は異常な高気温で熱中症の危険にさらされると同時に、電力需給の逼迫(ひっぱく)にも悩まされる。あしたからの後半戦はどうなるのか。できれば「やっと」のため息の出ない穏やかな日々を望みたい。


残虐なロシア

2022年06月29日 09時00分

 日本には独特な平和観があるとよくいわれる。国際問題は全て話し合いで解決できる、武器を持たなければ攻撃されない―。そんな理想主義的な信念だ

 ▼作家の曽野綾子さんがエッセイ集『戦争を知っていてよかった』(新潮文庫)にこう記していた。「『平和にしよう』と言えば相手もその気になり、結果的に自分も死ななくて済む、というシナリオを前提にしているのは、世界的に見ても珍しい甘い文化である」。ロシアのウクライナ侵略でウクライナの責任を問い、抵抗の停止を声高に訴える政治家や識者が後を絶たないのも同じ理由だろう。「針の穴から天をのぞく」の例えもある。世界的に見て甘い理想主義の穴からウクライナをのぞいている

 ▼ロシアが27日、両軍がにらみ合うウクライナ東部でなく、中部ポルタワ州のショッピングセンターにミサイルを撃ち込んだ。少なくとも16人が死亡、けが人も大勢出ているという。非戦闘地域の民間施設へのこの非道。理想主義の入り込む余地はどこにもない。BBCの報道によるとゼレンスキー大統領は、「欧州の歴史上、最も恥ずべきテロ行為」とロシアを非難したそうだ。大げさな表現とはいえまい。侵略当初の住民虐殺といい今回といい、ロシアの残虐さは度を超えている

 ▼思えば先の大戦時、不可侵条約を一方的に破りわが国に踏み込んできたのがソ連だった。ロシアの精神性を最もよく知るのが日本だったはず。ソ連に回帰したかのようなプーチン大統領に甘い幻想を抱くのは危険である。平和のためにこそ今はウクライナの戦いを支持したい。


下請けの下請け

2022年06月28日 09時00分

 事前予告なしの仕事切り、赤字受注の強制、請負代金の不払い―。どこの業界でも聞く下請け残酷物語の典型例である。ひところに比べればずいぶん良くなったとはいえ、すっかりなくなったとはまだまだ言い難い。それがよく分かる指標の一つは賃金だろう

 ▼国土交通省の2020年度〈下請け取引等実態調査〉によると、技能労働者の賃金水準は下請けの階層が低くなるほど、引き上げた会社も減る傾向にあった。「引き上げた」と回答した会社の率は階層別に、元請け79.4%、1次下請け80.1%、2次下請け77.5%、3次下請け以降64.6%。3次下請け以降の低さが目立つ。適切な請負額を受け取っていない可能性が高い。一概には言えないものの、そういった会社の労働者は、技能もモラルも低くなりがちだ

 ▼全市民の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失した兵庫県尼崎市の事件も同根でないか。なくしたのは市から仕事を受注した元請けの協力会社が、さらに委託した先の会社の社員だった。少々込み入っているが要は孫請けである。意識の低い社員が46万人の個人情報入りUSBを持ち歩き、泥酔して路上で寝込んだ揚げ句、カバンごとなくしたというのだから開いた口がふさがらない

 ▼しかも元請け会社は市に、協力会社も再委託先の会社の存在も知らせていなかったそうだ。お粗末である。請負額も業務に見合ったものになっていたのかどうか。精度の高い仕事には専門の下請けが欠かせない。不公平な関係を改め業界全体の底上げを図らねば似たような不祥事は何度でも起きよう。


太陽フレア

2022年06月27日 09時00分

 IT系ニュースサイトのプログラマー香山秀行は本道斜里町に骨休みを兼ね出張に来ていた。仕事で自信を失い、社内の立場にも疑問を感じていたため静かに考える時間がほしかったのだ

 ▼といってもこれは現実の話ではない。伊藤瑞彦さんのSF小説『赤いオーロラの街で』(ハヤカワ文庫)の導入部である。香山は着いて間もない夜、知床へヒグマを見に行く。ところがそこで目にしたのは不気味な赤い光だった。翌朝、電気も通信も使えなくなっているのに気づく。世界規模の停電が起きていた。原因は太陽フレアの大爆発。変電設備が全て壊れた。復旧まで最低3年。電気のない生活が始まる。赤い光は普段見えるはずのないオーロラだったのだ

 ▼3年はさすがにSF的誇張とはいえ、現実に大きな影響が出るのは避けられないらしい。総務省が先週、太陽フレアによる被害想定を公表した。3年後の2025年に活動が活発化し、高エネルギー粒子の放出や太陽風によって磁気の乱れが激しくなるという。最悪の場合、携帯電話やテレビなどの放送が2週間程度、利用できなくなるそうだ。GPSや気象の衛星にも誤差が生じ、カーナビや天気予報の精度が落ちる可能性も指摘されている

 ▼国内の主要変電設備は対策済みのため心配はなさそう。ただ、備えがない所では広域停電の恐れもあるというから、用心はしておいた方がいいかもしれない。先の小説で世界は資源を奪い合い、戦争寸前まで行く。そんなことはないと笑い飛ばしたいが、今の世界は時にSF以上の事態が起きるから油断できない。


節電にポイント

2022年06月24日 09時00分

 経済学と聞いて思いつく言葉は何かと問われたら、一般の人の多くは「神の見えざる手」と答えるのでないか。市場でおのおのが自由に商品を売ると、最もバランスの取れたところに価格が落ち着き、社会全体の利益につながるという競争原理である。英国の経済学者アダム・スミスが唱えた

 ▼売り手が多く買い手が少なければ価格は自然と下がり、逆なら上がる。単純明快。あえて神にお出ましいただく必要もない。世に自由競争の信奉者がたくさんいるのもうなずける。こんな公平な話もあるまい。ただスミスの理論にはまだ続きがあった。『世界を破綻させた経済学者たち』(早川書房)の記述が分かりやすい。「スミスは、市場が機能するケースと機能しないケースのそれぞれの理由を明らかにし」、「政府の見える手の必要性」も説いていたのである

 ▼最近、日本での電力自由化がその「機能しないケース」だったことが、誰の目にも明らかになってきた。電力は足りなくなり、価格は上がる一方である。以前は総括原価方式で地域独占の一般電気事業者が設備費用を賄うと同時に供給義務も果たしていた。政府と識者は自由化で低価格とサービス向上が図られると胸を張ったが、結果はご覧の通り

 ▼市場参入した販売会社はほとんど自前の発電所を持たず供給責任を負わない。太陽光発電所の乱立で火力など安定電源への投資余力も失われた。そこにこのエネルギー危機である。政府は節電にポイントをと悠長な話をしている場合ではない。大切なのは供給力の底上げ。「政府の見える手」が必要だ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,095)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,030)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,155)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,740)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,552)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。