コラム「透視図」

国民投票改正案可決

2021年05月10日 09時00分

 商売人が困るのを見て楽しんでいるのか、ただの気まぐれか。買う気をちらつかせはするものの、実は最初から買うつもりなどないという客がいる。落語「豆屋」はそんなやりとりを面白おかしく描く

 ▼豆屋が出商いをしていると、一軒の長屋から「いくらだ」とドスのきいた声が掛かる。値を言うと「高すぎる」。値を徐々に下げていっても一向に納得しない。しまいに怒りだし、面前で乱暴に戸を閉めてしまった。あっけにとられて歩き出すと、別の一軒からまた「いくらだ」と声が掛かる。さっきの男より柄が悪い。値を伝えると今度は「安すぎて格好がつかねえ」。豆屋は値を上げていくがやはり男は首を縦に振らない。さんざん要求した後で男が言う。「まあ俺は買わないんだがな」
 
 ▼衆院憲法審査会で6日、国民投票法改正案が可決されたと聞き、この噺を思い出した。自民、公明、日本維新の会など4党で案を提出したのが2018年6月。ここに至るまで3年も不毛なやりとりをしていたのである。憲法改正を進める重要な手続きの一つだが、立憲民主党や共産党があれこれ注文を付けては審査会での質疑を拒否していた。最初からやる気がなかったのだ。とはいえ憲法改正に反対でも審議をしないのは議員として筋が通らない。政府のあらを探しては、「高すぎる」「安いのはけしからん」と国民に言い訳をしていたのである

 ▼立法府の存在意義を疑わせるそんな戦法も限界。今回、立憲民主は案の修正を条件に賛成に回った。やっと買う気になったらしい。最初からそうだとよかったのだが。


漂流

2021年05月07日 09時00分

 吉村昭は長編小説『漂流』(新潮文庫)で、江戸天明の時代に実際あった海難事故のいきさつを克明に描いた。米を運ぶ土佐の船乗りたちがしけにもてあそばれた揚げ句、黒潮に乗って絶海の孤島に流されてしまうのである

 ▼「波頭を立てて大波が次々と押し寄せてくる。船は、舳を突き立てて波のうねりの上にのし上がると、次には海中にのめりこむように波の谷間に降下する」。できるのは右往左往することだけ。嵐が時々収まるのもたちが悪い。皆その都度、もう大丈夫かと期待を抱くが、風雨はまたぶり返す。それを何度も繰り返すうちに船は完膚なきまでに破壊され、希望も消えていった。新型コロナ感染拡大防止のための営業制限に翻弄(ほんろう)される方々も今、同じ思いでいるのでないか

 ▼大きな波が来ると緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で休業や時短営業を余儀なくされ、波が落ち着いて〝さあ挽回するぞ〟と意気込んでも再び波が来て元の木阿弥。経営計画も何もあったものではない。帝国データバンクと東京商工リサーチは共に、ことし4月30日時点でのコロナ関連倒産が1400件以上に上ると発表している。既に多過ぎるくらいだが、本当に危ないのは金融機関からの借入金返済据え置き期間1年の期限が過ぎるこれからとの説も聞く

 ▼政府と自治体は営業制限で収入を断たれた人を、しけの中に放り込んだまま見殺しにしてはいけない。宣言や措置の合理的運用、手厚い支援で難破する会社を出さないよう最大の努力をすべきだろう。うまくかじを取らねば日本が漂流する。


高知に廣井勇博士の銅像

2021年05月01日 09時00分

 貧しくて就学できない若者たちのための遠友夜学校創立や『武士道』の著書などで知られる新渡戸稲造でも、若いころは人物の評価を間違うことがあったらしい

 ▼新渡戸は傑出した人物の多い札幌農学校の二期生だが、同期の廣井勇をじっくりと観察した上で、「高尚な言葉や大言を好む」と見て「ズル」「ズルッコ」と呼んだという。『ボーイズ・ビー・アンビシャス 米欧留学編』(二宮尊徳の会)に教えられた。日本の土木技術の礎を築いた廣井はもちろんそんな男ではない。金がかかる会合に出ず、粗末な服装で過ごし、友人に守銭奴と言われながら資金を貯め、二期生の中で一番早く米国留学を実現した。一日も早く欧米の進んだ技術を習得したいと熱望していたのだ

 ▼廣井は米国で修行した後、ドイツでも学ぶ。有言実行ならぬ大言実行を知った新渡戸は「彼は気高い奴です」と評価を改め、「ズル」というあだ名も使わなくなったそうだ。実際、生涯懸けて国民に無私の貢献をした人だったのである。高知の建設関係者有志でつくる「廣井勇を顕彰する会」が先月、出生地の佐川町に廣井博士の銅像を建立したのを本紙4月15日付で知った。同じ二期生でも新渡戸や内村鑑三と比べ功績があまり知られていないのを残念に思い、計画を進めていたという

 ▼札幌農学校教授時代の1890年に造った今も現役の小樽港北防波堤をはじめ、国中に博士の仕事が残る。最も大きな成果は教育者としてインフラを支える多くの優れた技術者を育てたことだろう。高知に行った折にはぜひ銅像を訪ねてみたい。


旭川の女子中生死亡事件

2021年04月30日 09時00分

 江戸時代後期の経世家、二宮尊徳が自ら実務思想を語った『二宮翁夜話』(PHP研究所)に、風俗の悪い村を仁義の村に改心させる方法を説いた一節がある

 ▼二宮翁はまず悪い村は「貧しさを恥としない」と喝破。その上で、恥がないと「租税を納めないことも、借財を返さないことも、労役を怠ることも、質に入れることも、暴言を吐くことも恥じない」。そうして法は破られ、悪行が横行していくのだと教えた。これを変えるには筋道を逆にしなさいと翁は諭す。村が豊かになり、貧しさは恥だとの心が生じれば自然と正義心も生まれ、法も道義も守られるようになるというのだ。今、いじめ問題で揺れる旭川市の中学校と市教委も「貧しさを恥としない」過ちに陥っていたのでないか

 ▼市内の公園でことし3月、中学2年の女子生徒が凍死していた事件で、女子生徒が集団によるいじめに苦しんでいたのに学校と市教委は訴えに耳を貸さず、事を荒立てずに流そうとしていた事実が明らかになったのである。事件を伝えた「週刊文春」によると女子生徒はおととし、裸の画像をSNSで拡散されたり、川に飛び込むまで追い込まれたりしていた。もはやいじめでなく犯罪だ

 ▼母親の訴えに学校は、「いじめはない」の一点張り。市教委も動かなかった。報道を受け、市教委はようやく「重大事態」に認定。5月から調査に乗り出すという。学校と市教委は女子生徒を救わなかったばかりか、「心の貧しさを恥としない」振る舞いを黙認したことで加害生徒が改心する貴重な機会も奪った。幾重にも罪深い。


トヨタ自動車の戦略

2021年04月28日 09時00分

 脱炭素化、SDGs、デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進―。今はそんな難しい言葉が企業の成長を左右する時代らしい。しかも流れに任せていれば何とかなると、のんびり構えていてはいけないようだ

 ▼「成長は自動的には起こらない。事業の成功によって、自動的にもたらされるものではない」。経営学者P・F・ドラッカーも『マネジメント 基本と原則』(ダイヤモンド社)にそう記していた。ではどうすればいいのか。「成長には戦略が必要である。準備が必要である。なりたいと思うことに焦点を合わせた行動が必要である」。目標を定め、自らを変えてゆけとの教えだろう。最近のトヨタ自動車はそれを実践しているように見える

 ▼未来都市「ウーブン・シティ」の建設やソフトウェアエンジニアの大幅採用増は既に話題になった。今度は「水素エンジン」の技術開発に取り組むそうだ。カローラスポーツベースの競技車に水素エンジンを積み、来月の24時間レースに投入するという。今までも燃料電池車「MIRAI」で水素は利用していたが、内燃機関で直接水素を使う技術を確立できれば国際競争の大きな武器になる。既存技術を生かせる上、高コストで耐用年数も短い電池を搭載せずに済むためだ

 ▼水素も太陽光発電で製造する「福島水素エネルギー研究フィールド」から調達。福島の復興にも一石を投じる。車の脱炭素化は世界的にEV先行で進んでいるが、エンジンが成功し市場の支持を得られるなら逆転も夢ではない。その準備を怠らない姿勢にトヨタの底力を見た。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。