コラム「透視図」

真田小僧

2016年01月09日 10時10分

 ▼あす10日から、戦国時代の名将真田幸村の人生を描くNHK大河ドラマ「真田丸」が始まるそうだが、落語にも幸村の戦での計略をオチの仕掛けに使った「真田小僧」がある。父の講釈好きを知る子どもが、父の語る「真田三代記」をこっそり聞き覚えて巧みにまね、まんまと銭を巻き上げる噺だ。教えていないのに子どもは悪いことほどよく覚える。親であれば誰でも「そうそう」とうなずくに違いない。

 ▼「門前の小僧習わぬ経を読む」の例えもよく聞く。子どもの成長に周辺の環境や身近な人の言動がいかに大事かを伝えるものだろう。指揮者の佐渡裕さんも、同じ考えを持っているようだ。著書『棒を振る人生』(PHP新書)で毎年子どもたちを集めて開催する演奏会に触れ、その意味を記している。大人が「夢中になってよろこんでいる姿を見れば、子どもたちは自然に音楽に興味を持つようになる」。一生懸命になっている大人の姿を、子どもに見せることこそ大切なのだとか。

 ▼あさって11日は成人の日である。晴れやかな振り袖やスーツの若者たちが街を闊歩(かっぽ)するだろう。まずはおめでとうと言いたい。一方でこの20年、彼らの子ども時代にわれわれ大人たちがどんな一生懸命さを見せることができたのかと考えると、甚だ心もとない。新成人はデフレ期真っただ中で育った。挑戦を避けて縮こまる情けない姿ばかりを見せられてはこなかったか。新成人が悪い例をまねて縮み志向に陥ってしまわないよう、旧成人も今しばらく踏ん張らねばならぬ。


世界地図

2016年01月08日 08時48分

 ▼世界地図を眺めるというのもなかなか楽しいものだ。何を大げさなと言われそうだが、宇宙飛行士と同様の視点から地球を見下ろせるものなど地図をおいてそうはない。日本が極東の島国と呼ばれるのが昔から疑問だったが、地図はその答えも教えてくれた。ある時、欧州で使われている世界地図を見たのだが日本は中央でなく、地図から落ちそうなほど右の端に載っていたのだ。なるほど東の果てである。

 ▼今はインターネットに地図サービスがあるため、さらに便利になっている。その筆頭が「Googleマップ」だ。行きたい地点に文字通り一瞬で移動できる上、かつてなら定規で測っていた2点間の距離も数クリックで表示される。知りたいことがすぐに分かる醍醐味(だいごみ)は紙以上だろう。早速、豊渓里という地名を同マップで検索してみた。北朝鮮が6日、水素爆弾実験を強行した場所である。地図画像は待つこともなく出てきたが、こればかりは楽しめる気分ではない。

 ▼その核実験場は北朝鮮北東部に位置する。地図で見る限り深い山の中だ。北緯は41度で函館とほぼ同じ。距離は函館まで直線で約950kmである。函館からなら大阪に行くくらいの距離だ。海を挟んではいるが思った以上に近い。地理的にはすぐ隣ではないか。今回のことは国際社会に対する卑劣な挑戦だ。金正恩第1書記の持つ地図では北朝鮮が世界の半分以上を覆っているのかもしれないが、そろそろ世界標準の地図を使った方がいい。夢ばかり見ていると孤立では済まなくなる。


聞く力

2016年01月07日 08時56分

 ▼テレビでよくお見掛けするタレントの阿川佐和子さんは、対談の名手でもある。週刊文春の連載「この人に会いたい」を読んでいて気付くのは、自然なやりとりの中から相手の本音を引き出すのが実にうまいということだ。ところが、インタビューは長らく大の苦手だったという。それも「いやだ、いやだ、あーいやだ」(『聞く力』文春新書)というくらいだから重症だ。克服の鍵は会話にあったらしい。

 ▼仕事を続けているうち、インタビューは人と人とが質問し合って交流する会話と同じ、と悟ったそうだ。それからは自分に知識がない分野の人が相手でも、気後れせずに話が聞けたという。会話つまり対話だが、英文学者の外山滋比古さんも『思考の整理学』(ちくま文庫)にこんなことを書いている。知的創造のためには「めいめい違ったことをしているものが思ったことをなんでも話し合うのがいい」。阿川さんも外山さんも、優れた仕事の裏には対話があったということだろう。

 ▼最近は日本でも世界でも、対話ではなく対立ばかりが目に付く。昨年日本で大きな議論を呼んだ安全保障関連法制。賛成派と反対派はそれぞれ自説を述べ立て、非難合戦を繰り広げた。世界では文明の衝突と称し、イスラムと西欧をことさら分断しようとの動きが目立つ。はて世の中に色は白と黒しかなかったのかと絵の具を確認したくなる。対立の行き着く先はしょせん暴力か武力。それを望む者はいないだろう。合意や平和のため役立つのが対話だ。必要なのは「聞く力」である。


寒の入

2016年01月06日 09時49分

 ▼外を歩いていると、冷たい空気が容赦なく肌を刺す。そんな時候である。道内では真冬日を観測することも増えてきたようだ。きょう6日は寒の入。旧暦二十四節気の小寒である。寒さはこれからが本番だ。「うしろから寒が入る也壁の穴」(小林一茶)。今どき家の壁に穴があることなどほとんどないが、扉や窓は開けないわけにいかぬ。隙間から忍び込む冷気に身を震わされるのは今も昔も変わらない。

 ▼寒の行事といえば寒中水泳や寒稽古がすぐ思い浮かぶ。滝に打たれる寒垢離(ごり)もこの時期の風物詩だろう。厳寒の季節に心身を鍛錬しようとするものだが、見ているだけで凍えそうである。なまくらなわが身に冷水を浴びせるのは温泉の後くらいなものだ。さて、こちらも鍛錬が目的ではなかろうが、第190回通常国会が寒の入りとほぼ時を同じくして始まった。昨秋臨時国会を見送ったため異例の早期開会となったものだ。冒頭1カ月はさしずめ寒中国会とでもいえようか。

 ▼4日には安倍首相の外交報告と麻生財務相の財政演説があった。予算案を審議し、延長がなくても6月1日までの長丁場。会期末直前には伊勢志摩サミット、直後にも参院選が控える。しかも消費税10%引き上げ時の軽減税率やTPP対策といった懸案もめじろ押しだ。きょうから代表質問に入り、論戦の火ぶたが切られる。予算案を人質にとる野党戦術は御免だが、木で鼻をくくったような政府答弁も国民の理解を妨げる。寒中だからこそ、鉄を鍛えるごとく熱い議論を期待したい。


自警録

2016年01月05日 08時53分

 ▼武士道を海外に紹介したことで知られる新渡戸稲造は、本道とも縁薄からぬ人である。1877(明治10)年から札幌農学校の二期生として学び、米国やドイツへの留学後は同校で教授を務める傍ら、遠友夜学校を開設して貧しい家庭の子らにも無料で勉強を教えた。類いまれな情熱と使命感を持ち開拓期の教育を支えた人だろう。誰にでも分かりやすい言葉で語ったそうだ。本道にはいまだ慕う人が多い。

 ▼その新渡戸稲造の著書に毎日の心掛けを説いた『自警録』がある。今からちょうど100年前の1916年に書かれたものだ。第25章では、新年を迎えたとき自らが実践していることに触れている。それは「思想というか理想というか、かつておのれの心の、向上したときに抱いた考えと引きくらべてみる」ことだという。たとえば、子どものころ誓った勉強や読書を怠らないこと、人を恨んだり憎んだりしないこと、それが今でも守れているかどうか、一つ一つ省みていくのである。

 ▼きのうが仕事始めだった人は多いだろう。まだやる気のエンジンは暖まっていないはずだ。ここは活を入れるため、新渡戸先生に倣ってはどうか。かつて抱いた理想にどれだけ近づけたかあらためて確認してみるのである。もっとも先生自身が省みた結果「ただ恥ずかしきことばかり多い」と書いているくらいだから、理想に至る難しさは折り紙付きだ。ただこうも言っている。「低い標準の上に立っていくよりも、高い程度の所にぶら下がってゆくことにしたい」。この志を新年に。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,987)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,426)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,363)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,056)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (951)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。