コラム「透視図」

9年目の3・11

2020年03月11日 09時00分

 人気ドラマ『北の国から』(フジテレビ)の主題歌を作ったさだまさしさんには心の琴線に触れる歌が多い。映画『ひめゆりの塔』(1995年)で使われた「しあわせについて」もその一つ。時々無性に聞きたくなる

 ▼歌い出しはこんなだった。「しあわせですか しあわせですかあなた今 何よりそれが何より一番気がかり みんなみんなしあわせになれたらいいのに 悲しみなんてすべてなくなればいいのに」。日本中の人々がそう願っているに違いない。きょうは9年目の3・11である。東日本大震災からもうそんなにたったのだ。この9年の間にも地震、台風、噴火とたくさんの災害があった。どこが被災地になってもおかしくない。少しでも被害を減らすためにわれわれにできることは何だろうか

 ▼東日本大震災で「釜石の奇跡」と呼ばれた事例がヒントとなろう。片田敏孝群馬大名誉教授が震災前から小中学校で続けていた出前授業によって、児童生徒にほとんど犠牲者を出さず済んだ出来事である。教授はまず子どもたちを市内に34基ある津波慰霊碑に連れて行ったそうだ。そこにはたいてい津波の恐ろしさを後世に伝えるメッセージが刻まれている。こう諭したという。「津波は君たちが生きているうちにも必ず来る。想定にとらわれず率先して避難しなさい」

 ▼さださんの歌はこう続く。「どうぞあやまちは 二度とくり返さずに」。教授の教えにも通じる心構えだろう。先の教訓を忘れてはいないか。油断で幸せを失ってしまわないよう、あの日胸に刻んだ碑文をあらためて読み直したい。


感染対策の余波

2020年03月10日 09時00分

 世界で最も大きな陸上動物といえばアフリカゾウである。本道の動物園にはいないため見たことのない人も多いだろう。体長は最大で7mを超え、体重も10㌧に達する。大型ダンプ並みだ。目の前に現れたら圧倒されるに違いない

 ▼この大きさからアフリカにはこんな面白いことわざがあるのだとか。「象を食べるなら一口ずつ」。不可能に思える事業でも、小さな努力を積み重ねることで実現できるとの意味という。もとよりゾウを食べる気にはならないが、必要に迫られたときのために覚えておくのも悪くない。実は政府が今、新型コロナウイルス対策として実施している方策もこれと似ている。感染者の急激な増大を食い止めながら、限られた重症の患者に医療資源を集中することで事態を乗り切る作戦だ

 ▼中国や韓国、イタリアの失敗を踏まえむやみなPCR検査は避け、国民に不要不急の外出や学校の休業、不特定多数が集まるイベントの自粛を要請。現在のところ増加は抑えられ一定の効果が出ている。同じ患者数でも一挙に現れた場合と徐々に増える場合では結果に格段の差が出る。一挙だと医療現場が崩壊し感染拡大が止まらなくなるが、ゆっくり増えて流行のピークを下げられるなら治療も余裕だ。新型コロナも一口ずつである

 ▼ただしこれ、感染対策には有効でも経済への影響は計り知れない。きのうの東京株式市場日経平均株価終値は先週末から1050円下落し、1年2か月ぶりに2万円を割り込んだ。コロナより前に暮らしが壊れてしまいそうだ。やはりゾウを食べるのは楽ではない。


AIで手塚治虫新作

2020年03月09日 09時00分

 短歌を一首紹介したい。「シャンプーの髪をアトムにする弟 十万馬力で宿題は明日」笹公人。兄弟が風呂場でにぎやかに過ごす様子が目に浮かぶ。ただ、現代短歌といえども漫画の主人公を歌に詠み込むのは難しい。それだけ「鉄腕アトム」が多くの人に知られているということだろう

 ▼アトムに限らない。「ジャングル大帝」「ブラックジャック」「火の鳥」と手塚治虫の漫画を上げていけば枚挙にいとまがない。誰でもお気に入りの漫画が一つや二つあろう。1989年2月に亡くなって既に31年たつが、いまだ人気は衰えを見せない。「漫画の神様」と呼ばれるゆえんである。残念なのはもう新作が読めないこと、と思っていたら最近新たに興味深い動きがあった

 ▼AI(人工知能)技術を使って手塚漫画を生み出す、キオクシア(旧東芝メモリ)の「TEZUKA2020」プロジェクトである。もし手塚先生がまだ生きていたら今どんな漫画を描いているだろうか。そんな想像を現実化する試みという。ばかなことを、が大方の見方でないか。発想や構成の妙が求められる漫画でできるわけがない、と。ところがAIはやってのけたのである。物語や登場人物を学習し新作の骨格を作り上げた

 ▼完成した「ぱいどん」が雑誌『モーニング』(講談社)13号に掲載されている。読んだが正直なところ物足りない。実際は後工程をほぼ現役のプロに頼らねばならなかったそうだ。道のりは遠い。とはいえ手塚先生は技術を愛した人。空の上でこう言っているに違いない。「面白い。どんどんやりなさい」。


双葉町避難指示解除

2020年03月06日 09時00分

 ニセコ町出身で今は仙台の出版社「荒蝦夷(あらえみし)」を率いる土方正志さんという人がいる。阪神淡路や奥尻など被災地で取材活動をした後、学生時代を過ごした東北の姿を伝えたいと2000年に会社を立ち上げた

 ▼最近、著書『瓦礫から本を生む』(河出文庫)を読み、土方さんを知った。東日本大震災で自らが被災し、一度は「終わりかと覚悟」したが、地域の声を伝えるために再び立ち上がったという。中に大災害を経験したからこその叫びがあり、心を揺さぶられた。「なにかが失われたら、なにかが生まれなければならない。いや、なんとしても生み出さねばならない」「災厄に負けぬための、それがひとつの道なのではないか」

 ▼津波被害に加え福島第一原発事故まであった福島県の人々もきっと同じだろう。この決定を聞き、「さあここからだ」と何かを生み出すため思いを新たにしている人も多いに違いない。4日、全町避難が唯一続いていた双葉町の一部地域で、避難指示が解除された。JR常磐線双葉駅周辺や線路、道路など限定的ではあるものの、町復興に向け意義は大きい。14日には町内で途絶していたJR常磐線も全線開通するそうだ。広域交流の要が復活を遂げるのである

 ▼これからも曲折はあろう。ただ、土方さんは「復興に公式などない」という。「そこにはただ善かりかるべき明日を幻視する試行錯誤のみがあり、その日々はこれからも続く」のだと。できればわれわれも共に「善かりかるべき明日」の方を見ながら、被災地の背中をそっと押してあげられるといい。


雪解け

2020年03月05日 09時00分

 脳裏に穏やかな情景が浮かび、心がしんとする詩でないか。雪国の人ならお分かりになろう。「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ/次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ」。三好達治の「雪」である

 ▼太郎と次郎の家がもし北海道にあれば今冬は、その情景を見る機会も幾分少なかったはず。札幌管区気象台が2日、昨年12月からことし2月までの本道の降雪量は、平年比58%で記録的少雪だったと発表した。札幌も2月は連日の雪かきに悩まされ、いよいよ帳尻を合わせにきたなと天をにらんだものの、実際は平年比73%の334cmにとどまったという。1月に大雪が降ったオホーツク海側も56%、日本海側も55%と、1961年の統計開始以来最も少なかったそうだ

 ▼「六花豊年の兆し」という言葉がある。六花とは雪の結晶のこと。大雪の年は作物が豊かに実るとの意味だ。似たような話はよく聞く。その伝でいくとことしは記録的不作となるが、現実には関係がないのだとか。ひとまず安心である。どうやらまだ農業技術の発達していない昔、雪の多い年は用水に不自由せず豊作を期待できたため生まれた説らしい。今は雪解けの早い方が準備も作付けも適切な時期にでき望ましい。農家の方々は早くも体がうずうずしているのでないか

 ▼札幌管区気象台の1カ月予報によると、今月は日本海側、太平洋側共に気温が高く、降雪は少なめの見通しだ。「雪解音しきりとするや昨日今日」保坂加津夫。雪解けが一気に進む。雪と一緒に新型コロナウイルスも消えてくれると、もっとうれしいのだが。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,315)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,315)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,554)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (1,950)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,679)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。