コラム「透視図」

建設業の真価

2020年06月12日 09時00分

 本道をはじめ積雪寒冷地では、春になると至る所で傷んだ道路の補修工事が開始される。ほとんどのドライバーは「全く邪魔な連中だ」と一瞬思いはするものの、すぐに頭の中から彼らの存在を消してしまう。大切な仕事をしていることに気付くこともなく

 ▼補修されない道路がどうなるかは廃道を見れば一目瞭然。多くの人は平らで支障なく走れるのが当たり前と考えているが、ひとりでに元通りになるわけはない。フランスの作家サン=テグジュペリは『星の王子さま』でキツネに「かんじんなことは目に見えないんだ」と語らせた。道路の補修も案外その一つかもしれない。というより肝心な仕事なのに縁の下の力持ちに徹しているため目立たない建設業全般がそうなのかも

 ▼その伝でいけばこのコロナ禍の中で建設業が細心の注意を払いながら現場を動かし続けたことにも大きな意義があった。いまや本道の基幹産業となった観光業が総崩れになる中、人知れず経済の下支えの役割を果たしていたのである。今回のコロナで怖いのは感染だけではない。経済活動の停止で仕事がなくなる事態もだ。総務省の調査を見ても、4月の就業者数は6628万人で88カ月ぶりの減少、完全失業者数は189万人で3カ月連続の増加と悪い数字が並ぶ

 ▼2日付本紙でもお伝えした通り、そんな中でも本道の建設業はほぼ休まず現場を維持した。地域経済と雇用を守ったのである。エンジンを止めない基幹産業の存在は今後の立ち直りにも大きな力となろう。まあ、それもやはりほとんどの人の目には見えないのだが。


距離感のマナー

2020年06月11日 09時00分

 日本語には「三歩下がって師の影を踏まず」や「付かず離れず」など人と人との望ましい距離感を教える言葉が多い。相手との距離に気を遣いながら暮らす文化があるからだろう

 ▼歌人穂村弘さんのエッセー「距離感のマナー」にも、混んだ電車内での風景を描いたこんな一節があった。「一駅ごとに変化する状況に応じて、乗客の一人一人がちょっとずつ位置や向きを変えて少しでも快適な環境を作るようにする」。周りの乗客と話し合ってそうするわけでなく、誰もが自然と適切な距離を微調整しているのだ。穂村さんはそれを見て、「まるで生きたパズルのようだ」と感心するのである。そんな生きたパズルが今は一層難易度を増しているに違いない

 ▼新型コロナウイルスに感染する潜在リスクがまだ消えていない中で、多くの人が元の暮らしに戻り始めているからである。電車はもちろん会社でも街中でも、コロナ前とは適切な距離感がだいぶ変わっていよう。微調整くらいでは追い付かないかもしれない。第一生命の「サラリーマン川柳」に以前こんな作品があった。「急停車つり革つかめず他人つかむ」(ターミネーちゃん)。昔だからこその笑い話である。今ならおそらく気まずい空気が流れるはずだ

 ▼しばらくマスクも必須になるが、暑い季節に着け続けるのはつらい。TPOに応じて賢く着脱することになろう。これもまた距離感に迷いの出るところである。とはいえ日本人はこの熟練の研ぎ澄まされた距離感で、感染拡大を効果的に抑え込んできた。新たなマナーにもすぐ慣れるのでないか。


ペストと新型コロナ

2020年06月10日 09時00分

 過去の例に学ぼうとする姿勢の表れだろうか。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、フランス人作家アルベール・カミュが1947年に発表した『ペスト』(新潮文庫)が見直されているという

 ▼40年代にアルジェリアの都市オランで大流行した感染症ペストの発生から終息までを描いた物語である。といっても実話ではない。カミュは昔の資料を丹念に調べ、実際に起こったかのようなリアリティを獲得したのだ。読んで驚いた。時代背景はもちろん違う。ただ、社会全体が右往左往するさまや人々の心を覆う恐怖は、今の新型コロナを取り巻く状況とほとんど変わらないのである。未知の感染症の前では人のできることなど限られているということだろう

 ▼では現在のように感染拡大が収まりつつある段階の風景を、カミュはどう描いていたか。「楽観思想の自然発生的な兆候も出現した。たとえば、物価の顕著な下落が記録されたことなどが、それである」。経済学的には説明できないと不思議がっている。市中経済はまだ止まっていて、物資不足も続いているのに物価だけが下がっていたからだ。これも現在の株価をほうふつとさせる。きのうの日経平均株価終値は2万3091円で2日連続の2万3000円超え。ほぼコロナ前の水準に戻った

 ▼WHOのパンデミック認識表明で一気に下落したが、緊急事態宣言解除とともに急上昇している。いまだ日本も世界も経済が本格稼働していないというのに。カミュはその後どうなったかまでは書かなかった。君たちが知恵を絞れということかもしれない。


横田滋さん死去

2020年06月09日 09時00分

 万葉歌人山上憶良の歌でまず思い浮かぶのは「銀(しろかね)も 金(くがね)も 玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも」の一首でないか。わが子への深い愛情がにじむ名歌である

 ▼その思いは生涯変わらなかったらしい。晩年には老いて重病に苦しむ中でこんな歌も詠んでいた。「五月蠅なす 騒く子どもを打棄てては 死には知らず 見つつあれば心は燃えぬ かにかくに思ひ煩ひ 音のみし泣かゆ」。憶良はこのとき、いっそ死にたいと願うほど容態が悪かった。それでも「うるさいくらい元気な子どもを放っては死ねない。見ているだけで力も湧く。ただいろいろ考えると泣けてくる」というのである。子どもを守りたい一心で日々命をつないでいたのだ

 ▼北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親で、40年以上の長きにわたり娘ら拉致被害者の救出活動を続けてきた横田滋さんが5日、老衰のため亡くなった。この方も娘を取り返し、笑顔を見るまでは死ねないと必死に頑張ってきた人だろう。幸福を奪った北朝鮮はもちろん、被害者家族は国内政治にも翻弄(ほんろう)されてきた。めぐみさんの拉致疑惑が持ち上がった1997年当時、社民党は「拉致は日本側の創作だ」と主張し解決を妨げ、自民党の一部政治家も国交回復を進めるため事件を大ごとにしないよう画策していたのである

 ▼安倍首相が本腰を入れ状況は改善されたが、かの国は依然かたくなだ。そんな中でも横田さんは常に冷静で、諦めなど無縁の強さを秘めているように見えた。心の中ではどれだけ泣いていたことか。


スーパーシティ

2020年06月08日 09時00分

 東京の前身である江戸は時代の先端を行く都市だった。1700年代前半に人口が100万人を超えていたのがそれを裏付けている。世界でもあまり例がない

 ▼それだけの人の生活を支える画期的インフラがあったということである。とりわけ重要なのは上水道と運河だろう。江戸の地下には水道網が張り巡らされ、皆必要なときに十分な量の水を使えた。煮炊きはもちろん、衛生を保つにも消防にも水は欠かせない。一方、運河は海と山と街を結び、産物や製品を迅速かつ確実にやりとりできる仕組みを社会に実装した。これが物流革命をもたらし、江戸の発展に大きく寄与したのである。その恩恵は、われわれが通販大手「アマゾン」の普及を経験したときの比ではあるまい

 ▼優れた点はまだまだあるが、全体として江戸は18世紀、世界でも他に類を見ない高度なシステムを誇る都市だったのである。その栄光再びの期待もかかろう。「スーパーシティ構想」を後押しする改正国家戦略特区法が先日、成立した。この構想は人工知能(AI)やビッグデータを活用し、社会のあり方を根本から変えるような都市づくりを進める試みである。実現を目指すのは自動運転やドローン配送、キャッシュレス、遠隔医療・教育、エネルギーの最適管理など

 ▼各国がわれこそはと、先行争いにしのぎを削っているそうだ。ところが日本は技術こそあるものの場がないため、若干遅れ気味なんだとか。この特区法成立を機に、かつてスーパーシティ江戸を265年にわたって維持した日本の底力を見せたいところではある。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,182)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (1,776)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,619)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,511)
初感染から4カ月 コロナが変えた北海道
2020年06月03日 (1,129)

連載・特集

連載 岐路に立つ大学
生き残りをかけて
new

岐路に立つ大学 生き残りをかけて
私立大の課題である学生数の確保。「選ばれる大学」を目指し、施設投資に踏み切るケースが増えている。現状を追った。

連載 深掘りnew

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第185回は「ウイルスは弱い」。新型コロナウイルスも細胞がない環境では死滅してしまいます。