コラム「透視図」

どうみん割

2020年06月17日 09時00分

 最近の若い人ならまず使わない言葉だろう。「命の洗濯」のことである。「いい旅だった。久々に命の洗濯をしたよ」というように使う。日頃の苦労から解放され、のんびり気ままに楽しむ心境をたとえた表現である

 ▼ノンフィクション作家高野秀行氏もエッセー「長生きしたけりゃ旅に出ろ!」で、旅に出ると新たな刺激を多く受けるため1日が長く感じる体験を取り上げていた。これもまた命の洗濯効果でないか。高野さんは主に初めて訪れる海外の土地を例に挙げているが、近場の小旅行でも体感としては時間の流れがずいぶんと違う。「霧ふかき山ふところの温泉町かな」岩井二山。ひなびた温泉宿の露天風呂につかりながらぼんやり空を眺めていると、しばし時も忘れる

 ▼ただ、飲食や宿泊を含む観光関連産業は今、大変な危機にひんしている。どの業種も多かれ少なかれ新型コロナウイルスの影響を受けてはいるが、ここまで一遍に需要が消えた業種はあまりない。客足が途絶えてもう4カ月以上たつ。鈴木直道知事もてこ入れを考えているようだ。7月から、道民に旅行代金の最大半額を助成する「どうみん割」を始めるのである。予算は23億円。道内観光客の85%が道民ということを考えれば域内の観光関連需要創出効果は100億円に迫るのでないか

 ▼高野さんはこう呼び掛けていた。「ウォーキングなんてしてる場合じゃないですよ。知らない土地を旅して存分に延命しましょう」。せっかくである。ことしは「どうみん割」を使って命の洗濯に出掛け、自分と観光業の延命を図るとしよう。


クルド人のデモ

2020年06月16日 09時00分

 孫子の兵法の一つに「借刀殺人」があるそうだ。物騒な言葉だが、本質は他者の力を借りて自分の目的を果たすところにある。「戦わずして勝つ」を基本に据える孫子らしい計略といえるのでないか

 ▼教えはこうだ。「敵国を倒そうとするときには有利な条件を提示するなどして第三国を取り込みその国に敵国を攻撃させよ」。自国は労せず利だけ取る。第三国が喜んで戦力を差し出すよう仕向けるのがコツだという。どんな戦いでもこれは同じ。よく見ると一般社会でもこの計略が使われているのが分かる。最近、東京で二度にわたり実施されたクルド人差別に抗議するデモもそうだ。クルド人の男性が警官に暴力を振るわれたとして、支援者と共に渋谷警察署前で声を上げたのだった

 ▼ところがこの男性、不穏な運転を理由に警官が車を停止させ職務質問をしたところ、逃げようとしたため取り押さえられたのだとか。これでは日本人でも全く同じ扱いを受けたに違いない。警察としては規定通りの手順だろう。折しも米国で警官の暴力により黒人男性が死亡し、騒ぎになったばかりだった。クルド人男性も差別に絡めれば支援者が恨みを晴らしてくれると考えたのかもしれない。今回は警察たたきに便乗したいマスコミや一部政治家も支援に回った。互いを利用したのだ

 ▼その渦中の13日、「日本クルド文化協会」は「デモは支持しない。男性の行為に擁護の余地はなく、警察の要請に適切に対応すべきだった」との声明を発表した。事実確認をした上での結論だという。小手先の計略は結局、身を滅ぼす。


種苗法改正案成立

2020年06月13日 09時00分

 絶妙な力加減で正確に放たれるショットや、追い込まれてからの鮮やかな逆転劇―。2018年平昌冬季五輪でのカーリング日本女子チーム「ロコ・ソラーレ(LS)」の活躍はまだ記憶に新しい

 ▼息詰まるプレーはもちろん、ハーフタイムにおやつを頬張る「もぐもぐタイム」も話題になった。特に注目を集めたのは地元北見の銘菓「赤いサイロ」とイチゴだろう。白いユニホームに、真っ赤なイチゴがよく映えた。このイチゴは韓国産で、大ぶりな上に甘さも素晴らしかったようだ。感想を聞かれた選手たちが絶賛していたのを覚えている人もいよう。ところがこのイチゴ、日本から流出した品種が韓国で無断に栽培されたものだったらしい。当時も農林水産省が問題視していた

 ▼日本国内で長い時間とお金をかけて開発された品種が韓国や中国に持ち出され、流通している例が実は多いのである。この状況を改善するための切り札となる種苗法改正案の今国会成立を、政府・与党が見送ることに決めたという。有名女優がSNSで表明した反対の意思に一部野党も便乗。世間で懸念の声が広がった。「特定の企業を利する」「農業者の負担が増す」が反対の理由だが、誤解である

 ▼たとえば「ドラえもん」のアイデアが他国に持ち出され、そちら発の漫画として簡単に大きな利益を上げられるとしたらどうか。種苗には現在、そうした開発者の権利を守る手立てがない。改正案はその不利を解消するものだ。あの五輪のとき新種苗法があれば、LSの選手たちが食べたのは「日本産」イチゴだったのである。


建設業の真価

2020年06月12日 09時00分

 本道をはじめ積雪寒冷地では、春になると至る所で傷んだ道路の補修工事が開始される。ほとんどのドライバーは「全く邪魔な連中だ」と一瞬思いはするものの、すぐに頭の中から彼らの存在を消してしまう。大切な仕事をしていることに気付くこともなく

 ▼補修されない道路がどうなるかは廃道を見れば一目瞭然。多くの人は平らで支障なく走れるのが当たり前と考えているが、ひとりでに元通りになるわけはない。フランスの作家サン=テグジュペリは『星の王子さま』でキツネに「かんじんなことは目に見えないんだ」と語らせた。道路の補修も案外その一つかもしれない。というより肝心な仕事なのに縁の下の力持ちに徹しているため目立たない建設業全般がそうなのかも

 ▼その伝でいけばこのコロナ禍の中で建設業が細心の注意を払いながら現場を動かし続けたことにも大きな意義があった。いまや本道の基幹産業となった観光業が総崩れになる中、人知れず経済の下支えの役割を果たしていたのである。今回のコロナで怖いのは感染だけではない。経済活動の停止で仕事がなくなる事態もだ。総務省の調査を見ても、4月の就業者数は6628万人で88カ月ぶりの減少、完全失業者数は189万人で3カ月連続の増加と悪い数字が並ぶ

 ▼2日付本紙でもお伝えした通り、そんな中でも本道の建設業はほぼ休まず現場を維持した。地域経済と雇用を守ったのである。エンジンを止めない基幹産業の存在は今後の立ち直りにも大きな力となろう。まあ、それもやはりほとんどの人の目には見えないのだが。


距離感のマナー

2020年06月11日 09時00分

 日本語には「三歩下がって師の影を踏まず」や「付かず離れず」など人と人との望ましい距離感を教える言葉が多い。相手との距離に気を遣いながら暮らす文化があるからだろう

 ▼歌人穂村弘さんのエッセー「距離感のマナー」にも、混んだ電車内での風景を描いたこんな一節があった。「一駅ごとに変化する状況に応じて、乗客の一人一人がちょっとずつ位置や向きを変えて少しでも快適な環境を作るようにする」。周りの乗客と話し合ってそうするわけでなく、誰もが自然と適切な距離を微調整しているのだ。穂村さんはそれを見て、「まるで生きたパズルのようだ」と感心するのである。そんな生きたパズルが今は一層難易度を増しているに違いない

 ▼新型コロナウイルスに感染する潜在リスクがまだ消えていない中で、多くの人が元の暮らしに戻り始めているからである。電車はもちろん会社でも街中でも、コロナ前とは適切な距離感がだいぶ変わっていよう。微調整くらいでは追い付かないかもしれない。第一生命の「サラリーマン川柳」に以前こんな作品があった。「急停車つり革つかめず他人つかむ」(ターミネーちゃん)。昔だからこその笑い話である。今ならおそらく気まずい空気が流れるはずだ

 ▼しばらくマスクも必須になるが、暑い季節に着け続けるのはつらい。TPOに応じて賢く着脱することになろう。これもまた距離感に迷いの出るところである。とはいえ日本人はこの熟練の研ぎ澄まされた距離感で、感染拡大を効果的に抑え込んできた。新たなマナーにもすぐ慣れるのでないか。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,670)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,394)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,908)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,763)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,355)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。