インターンシップで地元現場を体感 苫小牧工高の2年生

2018年09月14日 07時00分
インターンシップで地元現場を体感 苫小牧工高の2年生

 苫小牧建設協会(宮崎英樹会長)の会員企業10社はこのほど、苫小牧工高のインターンシップに協力した。進路選択の一助になればと毎年協力しているもので、土木科と建築科の2年生、それぞれ20人のうち、土木科25人と建築科13人の合わせて38人を受け入れた。

関連キーワード: 学校

未来を担うワカモノの思い 北海道ティーシー生コン 中谷唯人さん

2018年09月13日 07時10分
未来を担うワカモノの思い 北海道ティーシー生コン 中谷唯人さん

 今春、小樽工業高校(現・小樽未来創造高校)を卒業し、北海道ティーシー生コン(本社・北斗)に入社した。現在は札幌工場に所属。先輩社員に同行し、試験係としてコンクリート打設現場を回っている。


岩見沢農高で学校キャラバン開催 開発局と空知建協

2018年09月13日 07時00分
岩見沢農高で学校キャラバン開催 開発局と空知建協

 北海道開発局と空知建設業協会は11日、建設業に関する学習や体験を通じて建設業の魅力を発信する「学校キャラバン」を岩見沢農高で開いた。美唄尚栄高に続く2018年度2回目の開催。砂子組(本社・奈井江)が協力し、仕事のやりがいなどを伝えたほか、最新の建設機器についても紹介した。


専門学校生で道内初合格 ブロック建築3級技能検定

2018年09月11日 07時00分
専門学校生で道内初合格 ブロック建築3級技能検定

 2018年度前期のブロック建築3級技能検定で、札幌工科専門学校造園緑地科2年の関口翔太さん(19歳)と中沢隼也さん(同)が専門学校生として道内で初めて合格した。専門分野ではない職種だが、ひたむきな努力が実った。

関連キーワード: フレッシュ 人材育成 学校

未来を担うワカモノの思い 北海産業 横山大志さん

2018年09月05日 07時30分
未来を担うワカモノの思い 北海産業 横山大志さん

 北海産業(本社・苫小牧)の営業職。といっても現在は研修期間中で、レンタカーを洗車しながら内外装の破損箇所を調べたり、発電機や重機の日常点検に汗を流す毎日だ。〝顧客のために、営業職も機械に詳しくならなければならない〟という考えの下、入社後半年間はサービス課の一員として勤務する。来年4月からの顧客回りに向け、取り扱い製品について、みっちり勉強している。

web企画
  • オノデラ
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,443)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,845)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。