未来を担うワカモノの思い 会沢高圧コンクリート 東大智さん

2018年12月19日 07時00分
未来を担うワカモノの思い 会沢高圧コンクリート 東大智さん

 入社8年目の30歳。開発営業本部・設計チームとアイザワ技術研究所の2つに所属している。設計チームでは、ボックスカルバートやL型擁壁といったコンクリート2次製品の構造計算をし、部材・形状を決めてCADで図面を描く仕事を担当。技術研究所では、コンクリートの3Dプリンターの研究開発に取り組んでいる。


体験学習で工高生に現場の魅力伝える 苫電協青年部

2018年12月18日 07時00分
体験学習で工高生に現場の魅力伝える 苫電協青年部

 苫小牧電気工事業協同組合青年部は、12日から14日までの3日間、苫小牧工高電気科2年生10人のインターンシップに協力した。毎年この時期に実施していて、初の試みとなった電気工事体験実習などを通し、電気工事業の役割や魅力などを肌で感じた。

未来を担うワカモノの思い CESS 大野稚恵さん

2018年12月14日 07時00分
未来を担うワカモノの思い CESS 大野稚恵さん

 建設コンサルタント事業を展開するアイ・ティ・エスのグループ会社・CESS(本社・札幌)に入社して2カ月。現在は街灯照明の点検作業を担っている。損傷がないか危険な状態にないかなどを点検し、調査結果を役所に伝える。「照明は道を歩いていてもあまり見ないと思うけど、実は人のために役立っているものだと思う」と話す。


札幌工高で結束線作業など出前授業 道鉄筋業協組が協力

2018年12月13日 07時00分
札幌工高で結束線作業など出前授業 道鉄筋業協組が協力

 北海道鉄筋業協同組合(熊谷誠一理事長)は12日、札幌工高で出前授業を実施した。建設業のやりがいや達成感などを紹介したほか、生徒は鉄筋に結束線を結ぶ作業を体験した。

高専生へ建設業の使命や魅力伝える 函館建青会

2018年12月12日 15時00分
高専生へ建設業の使命や魅力伝える 函館建青会

 函館建青会は10日、函館高専で「地元企業の魅力」と題してパネル討論を実施した。年齢や立場の異なるパネリスト4人が建設業の使命や魅力を伝えたほか、学生から質問を引き出す双方向的な議論で建設業への理解を深めてもらった。

関連キーワード: けんせつ小町 人材育成 学校
web企画
  • オノデラ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,764)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。