試される木造

 コロナ禍を受けた米国や中国での木材、住宅需要増、DIYブームなどが引き金となって発生した「ウッドショック」。外国産木材価格の高騰や仕入れ難を呼び込み、住宅事業者を中心に大きな影響を与えている。ウッドショックの構造をひもとくとともに、対応に追われる道内企業の最前線に迫った。

(この連載は経済産業部の宮崎嵩大、高田陸、帯広支社の阿部みほが担当しました)

関連記事:型枠材料の輸出国でロックダウン RC造建設に黄信号(2021年06月11日)

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,549)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (2,282)
道新幹線札幌延伸都心部 明かり部に今秋着工...
2021年07月21日 (2,094)
道横断道網走線足寄―陸別間31kmが事業再開へ...
2021年07月02日 (1,614)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,453)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第212回は「降圧薬と熱中症」。降圧利尿薬の場合、脱水リスクが高くなります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第10回「キッチンとコンパクトなバルコニー」。ごみの保管場所など、暮らしの導線を考えることもインテリアの基本です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。