メムメドウズの10年

 大樹町東部に位置する芽武で10年前、次世代住宅研究施設メムメドウズが誕生した。

 施設内には寒冷地でサステナブル(持続可能)住宅の研究を目的とした、日本を代表する建築家の実験住宅や国際大学建築コンペ最優秀作品を建設。独創的な住宅が点在するため「建築の聖地」とも称されている。近年は施設をホテルとしても活用している。

 世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。(帯広支社・太田 優駿記者)

  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,285)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,577)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,532)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,420)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,064)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。