NETIS特集2019

■新技術導入促進型総合評価始まる 受注面でアドバンテージに

 土木技術を巡る環境変化は、技術継承や担い手不足などの問題に直面し、建設現場の生産性向上が急務の課題になっている。

 11月18日の「土木の日」を契機に、最先端の土木技術であるNETIS(新技術情報提供システム)にスポットを当て、各社の登録技術を紹介する。

 北海道開発局の「公共工事等における新技術活用システム(NETIS)」の18年度利用件数は848件だった。発注工事総数1854件の45.7%に当たる。17年度実績に比べて件数で105件、割合で0.1ポイントのダウン。18年度からは、NETIS登録技術活用に対する加点幅を広げた「新技術導入促進型総合評価」の導入が始まり、新技術採用は受注面でも大きなアドバンテージになっている。

 (2019年11月18日掲載「土木の日」特集内 8~11面より)

掲載紙面

2019年11月18日 8面

8面

2019年11月18日 9面

9面

2019年11月18日 10面

10面

2019年11月18日 11面

11面

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (12.3k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.5k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。