明日を支える
 いまから65年前、ブロック指導所、そして北海道立寒地建築研究所としてスタートした北方建築総合研究所は、2010年に22の道立試験研究機関とともに独立行政法人化。北海道立総合研究機構(正式略称 道総研)建築研究本部として生まれ変わり、この間、技術開発、政策研究、そして第三者評価などを通じて、北海道・我が国の寒冷地建築とまちづくりに長く貢献しています。これからも50年後のふるさと創りを目指して様々な挑戦を続けています。  その研究・活動報告の一端を、同機構の寄稿により10回に渡り紹介しました。(連載期間 2017年10月-2018年3月)
掲載紙面

①建築研究本部長兼北方建築総合研究所長 鈴木 大隆 
 50年後のふるさと創りを目指して

②北総研地域研究部環境防災グループ研究主幹 月館 司 
 「地中熱ヒートポンプ」の普及に期待

③北総研建築研究部建築システムグループ研究主幹 谷口 円
 火山灰で長寿命コンクリート開発

④北総研地域研究部環境防災グループ主任研究員 戸松 誠
 地震想定に基づく応急危険度判断

⑤道総研建築研究本部総務部性能評価課性能評価グループ主査 林 昌宏
 新製品開発へ性能評価や技術支援

⑥北総研構造計算適合性判定センター構造判定部構造判定グループ主査 千葉 隆史
 工学的判断の一助へ構造計算適合性判定

⑦道総研建築研究本部企画調整部企画課
 データ基に人口減少時代の戦略検討

⑧道総研建築研究本部企画調整部企画課企画グループ主査 立松 宏一
 栽培時期拡大へ温室環境を解析

⑨北総研地域研究部環境防災グループ主査 堤 拓哉
 降雨影響考慮した積雪荷重設定

⑩北総研地域研究部環境防災グループ主査 竹内 慎一
 地震被害想定と防災戦略研究

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.3k)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工...
2019年02月28日 (1.2k)
北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備...
2021年04月27日 (1.1k)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第207回は「変異株」。第4派の原因となったイギリス株。感染力が強いため、対策の徹底や再点検が必要です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第8回「ワンルームマンションで暮らすこと」プラス2畳分の収納があると、生活がしやすくなります。

連載 都心再生

札幌駅前、大通り、ススキノ・中島公園の市内都心部各エリアの再開発動向を追った。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第7回「一時支援金の事前確認」珍しい業種、取引のなかった顧客との新たな出会いの契機になりました。