明日を支える
 いまから65年前、ブロック指導所、そして北海道立寒地建築研究所としてスタートした北方建築総合研究所は、2010年に22の道立試験研究機関とともに独立行政法人化。北海道立総合研究機構(正式略称 道総研)建築研究本部として生まれ変わり、この間、技術開発、政策研究、そして第三者評価などを通じて、北海道・我が国の寒冷地建築とまちづくりに長く貢献しています。これからも50年後のふるさと創りを目指して様々な挑戦を続けています。  その研究・活動報告の一端を、同機構の寄稿により10回に渡り紹介しました。(連載期間 2017年10月-2018年3月)
掲載紙面

①建築研究本部長兼北方建築総合研究所長 鈴木 大隆 
 50年後のふるさと創りを目指して

②北総研地域研究部環境防災グループ研究主幹 月館 司 
 「地中熱ヒートポンプ」の普及に期待

③北総研建築研究部建築システムグループ研究主幹 谷口 円
 火山灰で長寿命コンクリート開発

④北総研地域研究部環境防災グループ主任研究員 戸松 誠
 地震想定に基づく応急危険度判断

⑤道総研建築研究本部総務部性能評価課性能評価グループ主査 林 昌宏
 新製品開発へ性能評価や技術支援

⑥北総研構造計算適合性判定センター構造判定部構造判定グループ主査 千葉 隆史
 工学的判断の一助へ構造計算適合性判定

⑦道総研建築研究本部企画調整部企画課
 データ基に人口減少時代の戦略検討

⑧道総研建築研究本部企画調整部企画課企画グループ主査 立松 宏一
 栽培時期拡大へ温室環境を解析

⑨北総研地域研究部環境防災グループ主査 堤 拓哉
 降雨影響考慮した積雪荷重設定

⑩北総研地域研究部環境防災グループ主査 竹内 慎一
 地震被害想定と防災戦略研究

web企画
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (4,923)
JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす
2018年11月17日 (4,160)
札幌駅北口8・1再開発特定代行者 大成・伊藤JVを選定
2018年11月14日 (3,429)
江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店
2018年11月21日 (2,451)
富良野道路が開通 北の峰トンネルなど難工事克服
2018年11月26日 (2,294)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第148回は「血が下がる」。アルコールは血圧を急に下げる原因にもなります。盛り場でもお気をつけを。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。

連載 エンジン01in釧路 市民向け講座からnew

北海道150年を支えた偉人
釧路公立大で開かれた市民向け講座を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。