明日を支える
 いまから65年前、ブロック指導所、そして北海道立寒地建築研究所としてスタートした北方建築総合研究所は、2010年に22の道立試験研究機関とともに独立行政法人化。北海道立総合研究機構(正式略称 道総研)建築研究本部として生まれ変わり、この間、技術開発、政策研究、そして第三者評価などを通じて、北海道・我が国の寒冷地建築とまちづくりに長く貢献しています。これからも50年後のふるさと創りを目指して様々な挑戦を続けています。  その研究・活動報告の一端を、同機構の寄稿により10回に渡り紹介しました。(連載期間 2017年10月-2018年3月)
掲載紙面

①建築研究本部長兼北方建築総合研究所長 鈴木 大隆 
 50年後のふるさと創りを目指して

②北総研地域研究部環境防災グループ研究主幹 月館 司 
 「地中熱ヒートポンプ」の普及に期待

③北総研建築研究部建築システムグループ研究主幹 谷口 円
 火山灰で長寿命コンクリート開発

④北総研地域研究部環境防災グループ主任研究員 戸松 誠
 地震想定に基づく応急危険度判断

⑤道総研建築研究本部総務部性能評価課性能評価グループ主査 林 昌宏
 新製品開発へ性能評価や技術支援

⑥北総研構造計算適合性判定センター構造判定部構造判定グループ主査 千葉 隆史
 工学的判断の一助へ構造計算適合性判定

⑦道総研建築研究本部企画調整部企画課
 データ基に人口減少時代の戦略検討

⑧道総研建築研究本部企画調整部企画課企画グループ主査 立松 宏一
 栽培時期拡大へ温室環境を解析

⑨北総研地域研究部環境防災グループ主査 堤 拓哉
 降雨影響考慮した積雪荷重設定

⑩北総研地域研究部環境防災グループ主査 竹内 慎一
 地震被害想定と防災戦略研究

web企画
  • 東宏
  • オノデラ
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,162)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,333)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,549)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,141)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,092)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。