「 アイヌ文化」に関する記事

イオル文化交流センター新築を5月にも入札 平取町

2021年04月16日 15時00分

 平取町は、アイヌ文化振興施設のイオル文化交流センター新築を主体、設備一括して5月にも指名競争入札する。8月には外構の実施設計を指名競争入札する見込みで、2023年度の供用開始を目指している。監理委託費用を含め、2億8284万7000円を21年度予算に計上した。

関連キーワード: アイヌ文化 日高

西胆振管内のアイヌ文化拠点2施設が供用開始

2021年04月05日 15時00分
西胆振管内のアイヌ文化拠点2施設が供用開始

 アイヌ民族の文化を発信する西胆振管内の2施設が1日に供用を開始した。洞爺湖町のアイヌ民族共生拠点施設「ウトゥラノ」と、室蘭市のイタンキ生活館で、地域住民がアイヌ文化に触れ、活動をすることができる。昨年7月に白老町で民族共生象徴空間「ウポポイ」が供用し注目が集まる中、2施設は両自治体が推進するアイヌ関連施策の中心的役割を果たす場となる。

関連キーワード: アイヌ文化 胆振

白老生活館の建て替えを23年度めどに着工 白老町🔒

2021年01月18日 18時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年1月15日付9面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: アイヌ文化 本紙見出し 胆振

北海道観光の起爆剤に 菅官房長官がウポポイを視察

2020年07月15日 10時00分
北海道観光の起爆剤に 菅官房長官がウポポイを視察

 民族共生象徴空間(ウポポイ)の開業記念式典出席のため、11日、白老町を訪れた菅義偉官房長官は、式典に先立ちウポポイを視察した。慰霊施設や伝統的なコタン、国立アイヌ民族博物館など各施設について担当者から説明を受けるとともに、関係者を激励した。

関連キーワード: アイヌ文化 文化施設 胆振

特産生かしたまちづくり 初当選の遠藤桂一平取町長に聞く

2020年07月14日 09時00分
特産生かしたまちづくり 初当選の遠藤桂一平取町長に聞く

 任期満了に伴う6月の平取町長選で初当選を果たした遠藤桂一町長。町職員時代には企画課員やまちづくり課長、副町長として長年町民と関わりながら町政に取り組んできた。アイヌ文化やびらとりトマトといった、地域の豊かな個性を生かした今後のまちづくりについて聞いた。

関連キーワード: アイヌ文化 インタビュー 日高 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4.2k)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2.4k)
道が4月1日付人事異動を発令 本庁係長級以上で29...
2020年04月01日 (1.3k)
100Nの高強度コンクリ 北8西1再開発で道内初打...
2021年03月30日 (1.1k)
新幹線・新小樽駅の駅前広場計画案...
2021年03月25日 (1k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第205回は「ドライアイ」。画面の注視や室内の乾燥が原因に。まばたきを意識して防ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第7回「インテリアコーディネーター心得」黒子に徹し、住まいの主役であるお客様に寄り添います。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第6回「経営における判断の遅さ」わからないことは専門家や第三者に相談し、迅速な判断を目指しましょう。