「アイヌ文化 - Page 3」に関する記事

白老地区多機能型生活館の基本設計を7月にも入札 白老町🔒

2021年05月20日 13時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年5月19日付11面に掲載されました。閲覧は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナー、またはe-kensinマップをご覧ください。

関連キーワード: アイヌ文化 改築 本紙見出し 胆振

イオル文化交流センター新築を5月にも入札 平取町

2021年04月16日 15時00分

 平取町は、アイヌ文化振興施設のイオル文化交流センター新築を主体、設備一括して5月にも指名競争入札する。8月には外構の実施設計を指名競争入札する見込みで、2023年度の供用開始を目指している。監理委託費用を含め、2億8284万7000円を21年度予算に計上した。

関連キーワード: アイヌ文化 日高

西胆振管内のアイヌ文化拠点2施設が供用開始

2021年04月05日 15時00分
西胆振管内のアイヌ文化拠点2施設が供用開始

 アイヌ民族の文化を発信する西胆振管内の2施設が1日に供用を開始した。洞爺湖町のアイヌ民族共生拠点施設「ウトゥラノ」と、室蘭市のイタンキ生活館で、地域住民がアイヌ文化に触れ、活動をすることができる。昨年7月に白老町で民族共生象徴空間「ウポポイ」が供用し注目が集まる中、2施設は両自治体が推進するアイヌ関連施策の中心的役割を果たす場となる。

関連キーワード: アイヌ文化 胆振

白老生活館の建て替えを23年度めどに着工 白老町🔒

2021年01月18日 18時00分

 この記事は北海道建設新聞2021年1月15日付9面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: アイヌ文化 本紙見出し 胆振

北海道観光の起爆剤に 菅官房長官がウポポイを視察

2020年07月15日 10時00分
北海道観光の起爆剤に 菅官房長官がウポポイを視察

 民族共生象徴空間(ウポポイ)の開業記念式典出席のため、11日、白老町を訪れた菅義偉官房長官は、式典に先立ちウポポイを視察した。慰霊施設や伝統的なコタン、国立アイヌ民族博物館など各施設について担当者から説明を受けるとともに、関係者を激励した。

関連キーワード: アイヌ文化 文化施設 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。