「アイヌ文化 - Page 7」に関する記事

イザベラバードの足跡たどり価値学ぶ 平取で記念シンポ

2018年11月14日 20時00分
イザベラバードの足跡たどり価値学ぶ 平取で記念シンポ

 イザベラ・バードの道を辿る会(金子正美会長)は10日、「写真でたどるバードの道」と題した記念シンポジウムを平取町二風谷の沙流川歴史館で開いた。140年前に来道した英国人女性旅行家イザベラ・バードの視点を通して、参加者約100人が函館から平取に至るまでの足跡をたどり、バードが旅をした140年前の北海道に思いをはせ、未来に向けた地域創造を考えた。

関連キーワード: アイヌ文化 道南

アイヌ伝統儀式「アシリチェプノミ」を十勝川で復活

2018年10月23日 12時00分
アイヌ伝統儀式「アシリチェプノミ」を十勝川で復活

 アイヌ民族の伝統儀式「アシリチェプノミ」が20日、音更町の十勝エコロジーパーク内で開かれた。十勝川に遡上(そじょう)するサケを捕獲しカムイ(神)に感謝の祈りをささげるもの。昭和30年から60年にかけて開かれていたあきあじ祭の中で行ってきた。ここ30年近く途絶えていたが、十勝川と深く関わっていたアイヌ文化の伝承に向けて復活した。

関連キーワード: アイヌ文化 道東

アイヌ民族の伝統継承 釧路市でイオル再生事業がスタート

2018年08月21日 18時00分
アイヌ民族の伝統継承 釧路市でイオル再生事業がスタート

 春採湖と阿寒湖のほとりにアイヌの伝統的生活空間復活へ―。釧路市のイオル再生事業が2018年度から始まった。初弾として春採湖畔の旧柏木小隣接地に素材育成地の一部を造成したほか、阿寒湖畔には近く遊歩道整備の一環で木道・木階段を整備する。

関連キーワード: アイヌ文化 道東

伝統の儀式で安全祈る 国立アイヌ民族博物館で地鎮祭

2018年04月06日 13時00分
伝統の儀式で安全祈る 国立アイヌ民族博物館で地鎮祭

 白老町のポロト湖畔に開設される民族共生象徴空間の中核施設になる国立アイヌ民族博物館の地鎮祭が5日、建設地の若草町2丁目でアイヌの伝統・風習にのっとった形で開かれ、関係者ら約120人が工事の安全と円滑な施工を祈念した。工期は2019年11月29日まで。20年4月24日の一般公開を目指し、来週にも杭打ち工事が始まる。

関連キーワード: アイヌ文化 建築 道南 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。