「エネルギー - Page 3」に関する記事

30年度までに新規200件 富良野市が太陽光発電設備倍増へ

2023年06月28日 17時10分
30年度までに新規200件 富良野市が太陽光発電設備倍増へ

 富良野市は2030年度までに、市内の太陽光発電設備の倍増を目指す。目標達成には、住宅用や事業用など新規で約200件の設置が必要。24年度から5カ年は、重点的に導入を加速させる方針だ。

関連キーワード: エネルギー 上川 太陽光発電

十勝企業の停電対策弱く ブラックアウトで7割営業停止

2023年06月27日 16時30分

 十勝管内企業の停電対策のもろさが課題となっている。帯広商工会議所の調査で市内269社のうち、7割弱がブラックアウト時に営業停止へ追い込まれると回答。非常用電源の設置も進んでいない。電気自動車(EV)の活用などで事業継続(BCP)対策が求められるが、電気代の値上げも徐々に経営を圧迫。管内の元請け業者は不安を口にする。

関連キーワード: エネルギー 災害・防災

災害対応可能なSDGsハウス クレアル工業が開発

2023年06月25日 08時00分
災害対応可能なSDGsハウス クレアル工業が開発

 クレアル工業(本社・札幌)は、太陽光発電と蓄電池、ろ過機をセットにした災害対応ハウスを開発した。商品名はQ―sai(キューサイ)で、移動可能なSDGsハウスとして訴求する。病院や老健施設、自治体避難所などのバックアップ拠点として使ってもらいたい考えだ。

関連キーワード: エネルギー 災害・防災

洋上風力発電導入へ 道内3区域で海底地盤調査開始

2023年06月18日 16時00分
洋上風力発電導入へ 道内3区域で海底地盤調査開始

 洋上風力発電の導入促進に向けた道内有望区域のうち、岩宇・南後志地区沖、島牧沖、檜山沖の3区域でエネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)による海底地盤調査が始まった。地形調査やボーリングをし、民間事業者による設計の基礎資料にしてもらう。今後、各区域では漁業への影響などについて話し合う協議会も設置。最終段階となる促進区域の指定へ準備が進む。

関連キーワード: エネルギー 風力発電

小樽市長が仮称・北海道小樽余市風力発電所計画に反対表明

2023年06月15日 08時00分
小樽市長が仮称・北海道小樽余市風力発電所計画に反対表明

 小樽市の迫俊哉市長は13日の臨時記者会見で、双日(本社・東京)が計画する仮称・北海道小樽余市風力発電所の環境影響評価準備書に対し、事業計画を是認できないとの意見を表明した。法的拘束力はないが、事業者は計画の見直しを迫られる可能性がある。

関連キーワード: エネルギー 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,740)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,488)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,157)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,069)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。