「 オホーツク」に関する記事

小清水町 新庁舎設計プロポでアトリエブンクを選定/21年度着工🔒

2020年03月10日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2020年3月9日付4面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でもご覧いただけます。詳しくはこちらのページへ。

関連キーワード: オホーツク 庁舎 本紙見出し

アルファコートの北見市中心部再開発計画/施設新築は23年度着工🔒

2020年03月04日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2020年3月3日付2面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページへ。

関連キーワード: オホーツク 再開発 本紙見出し

AIカメラやドローン体験 斜里町でテレワークフェス

2020年02月27日 15時00分
AIカメラやドローン体験 斜里町でテレワークフェス

 斜里町と一般社団法人知床スロウワークスは22日、斜里町産業会館でテレワークフェスティバルを開いた。町内でテレワークを実施している首都圏の企業が日頃の取り組みを紹介。町民約50人が、クマを認識するAIカメラやドローンの操作を体験しながらテレワークに対する理解を深めた。

関連キーワード: オホーツク 働き方改革

北見タイル商会が自社ビルを愛和産業で解体/土地活用法は未定🔒

2020年02月26日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2020年2月25日付2面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページへ。

関連キーワード: オホーツク 本紙見出し

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味(5)そうけん

2020年02月07日 16時00分
走り出したSDGs~建設業が取り組む意味(5)そうけん

 そうけん(本社・網走、中村圭社長)は、土木、設備、維持、環境、下水道の5つの事業部門を設置し、「地域の暮らしの基盤をつくり、守り続ける」「安心して暮らせる未来を子どもたちに残す」という目標を掲げて事業や地域貢献活動を展開している。SDGsに取り組む背景には、社員が事業などに目的意識を持っているか懸念していたからだ。SDGsを導入することによって社員一人一人が目的意識を持ち、新たな事業展開も期待できることから取り組みを開始した。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,521)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。