「 オリンピック」に関する記事

30年冬季五輪招致へ 札幌ドーム周辺の基本構想検討開始

2020年03月26日 15時00分

 2030年の冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市は24日、札幌ドーム周辺の基本構想を策定する方針を示した。開会式と閉会式の会場となる札幌ドーム周辺は、メダルプラザや関連施設を一体的に整備する計画で、基本構想には将来的な活用を見据えた施設配置などを盛り込む考え。20年度から策定に向けた検討に着手する。

五輪マラソンに向け国道修繕 後藤開発局長が事業説明

2020年02月13日 10時00分
五輪マラソンに向け国道修繕 後藤開発局長が事業説明

 北海道開発局の後藤貞二局長は12日、札幌第1合同庁舎で記者会見を開き、同局の取り組む事業について説明した。東京五輪・パラリンピックのマラソン・競歩の札幌開催に向けてコースとなる国道6・6㌔の修繕を実施する方針を明らかにした。北5西1、2街区再開発・バスターミナル整備については「札幌の一大交通結節点として寄与する」と述べ、国道管理者として札幌市など関連機関との連携を密にしつつ計画の検討を進めるとした。

関連キーワード: オリンピック スポーツ 国交省 道路

五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ

2020年01月05日 10時00分
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ

 札幌市は2020年東京五輪のマラソン、競歩コースのうち、市が管理する道路の整備を20年1月下旬に公告する予定だ。約9・4㌔を6工区に分け、舗装の切削オーバーレイを施す。総合評価の実績評価Ⅰ型に一括審査を組み合わせた方式を採用。工期が短いなど制約が多いため技術力を評価しながら、1つの企業が重複受注することを回避する。工期は5月末までの約120日間とする。

関連キーワード: オリンピック さっぽろ圏 道路

札幌市が冬季五輪招致活動スケジュール示す

2019年12月03日 10時00分
札幌市が冬季五輪招致活動スケジュール示す

 2030年の冬季五輪・パラリンピックを目指す札幌市は11月29日、招致プロセス見直し後の招致活動スケジュールを明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)が22年に候補地を決定することを想定し、20年の東京五輪終了後をめどに、開催概要計画や財政計画の見直しを終える方針だ。並行して東京大会を通じ機運醸成を図る。

冬季五輪フィギュアスケート会場の変更を検討 札幌市

2019年11月29日 10時00分

 札幌市が2030年招致を目指す冬季五輪・パラリンピックのスケート競技で、会場の入れ替えを検討していることが27日、分かった。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,248)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,659)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,190)
当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (1,651)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,605)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。