「 スポーツ」に関する記事

日本―パラオ親善ヨットレースに出場 ハラダ産業池田さん

2020年01月01日 10時00分
日本―パラオ親善ヨットレースに出場 ハラダ産業池田さん

 横浜港から太平洋へ出て針路を南に楽園パラオまで2週間ほどかけて走り続ける日本―パラオ親善ヨットレースに、ハラダ産業(本社・札幌)の池田信司さんがセーラーの1人として出場する。20代でヨットに魅了され、40歳のころから函館―青森間などの国内レースに参戦。51歳の今「人生に1度の大きなレースとして頑張りたい」と意気込んでいる。

関連キーワード: スポーツ 企業

重大NEWS2019 令和元年を振り返る(5)五輪マラソン札幌開催

2019年12月31日 10時00分
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(5)五輪マラソン札幌開催

 多くの道民にとって、驚きの出来事だったに違いない。11月1日、国際オリンピック委員会(IOC)は2020年東京五輪のマラソン・競歩の札幌移転について、大会組織委員会や東京都などとの協議を経て正式決定した。以降、発着会場や日程の選定が矢継ぎ早に進み、札幌市や道は大会の成功に向けた体制づくりに注力している。国内外からの大きな注目の下、前例なき挑戦の号砲が放たれた。

大樹町のB&G海洋センタープール移転候補地は大樹小東側🔒

2019年12月07日 20時30分

 この記事は北海道建設新聞2019年12月07日付7面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: スポーツ 十勝 本紙見出し

札幌市が冬季五輪招致活動スケジュール示す

2019年12月03日 10時00分
札幌市が冬季五輪招致活動スケジュール示す

 2030年の冬季五輪・パラリンピックを目指す札幌市は11月29日、招致プロセス見直し後の招致活動スケジュールを明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)が22年に候補地を決定することを想定し、20年の東京五輪終了後をめどに、開催概要計画や財政計画の見直しを終える方針だ。並行して東京大会を通じ機運醸成を図る。

ひらふエリアのリゾート開発に規制 ベッド数に上限設定へ

2019年12月02日 09時00分

 倶知安町は27日に開いた観光振興計画・観光地マスタープラン策定検討会で、リゾート開発が進むひらふエリアについて、エリア全体のベッド数に上限を設け、規制・調整する考えを示した。

関連キーワード: スポーツ 後志 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,222)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,078)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,619)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,388)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。