「スポーツ - Page 6」に関する記事

苫小牧市の総合体育館移転改築/延べ1万4000㎡を想定🔒

2020年12月18日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2020年12月8日付9面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

スポーツ施設の長寿命化に56億円 江別市

2020年10月15日 15時00分

 江別市は、スポーツ施設長寿命化計画の素案をまとめた。計画期間は2021―33年度。屋内施設については、青年センターを構成する研修棟、プール、体育館全てを改築するほか、大麻体育館のトレーニング室棟に大規模改造を施す方針だ。残る屋内施設の改修と合わせ、期間内の長寿命化に必要な費用は56億2546万8000円と試算している。

関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

大麻北町の運動広場など跡地2万㎡を売却へ 江別市

2020年10月12日 09時00分
大麻北町の運動広場など跡地2万㎡を売却へ 江別市

 江別市は、移転を計画している、はやぶさ運動広場と文化財整理室の跡地について、2022年度以降に建物解体条件付きで売却する方針を固めた。敷地面積は2万969m²で、都市計画の用途地域は準住居地域と第1種中高層住居専用地域となっている。

関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ 解体

野球を美唄のまちの起爆剤に 谷村工業などが選手雇用

2020年09月23日 10時00分

野球を美唄のまちの起爆剤に―。道内初の野球独立リーグ「北海道ベースボールリーグ」(HBL)に加盟する美唄ブラックダイヤモンズは、今春から市民球団として一歩を踏み出した。過疎化が進む旧産炭地で、選手は地域に密着し野球と就労に取り組む。美唄建設業協会会長で球団副代表を務める谷村工業(本社・美唄)の谷村明紀社長も選手を雇用の面から支える一人だ。目指すは美唄からのプロ野球選手輩出。人手不足の一助となり、地元企業から支援の輪も広がる。「野球のまち美唄へ」と着実に歩みを進めている。

関連キーワード: スポーツ 人材確保 地域振興 空知

石狩北部・増毛の景観再確認 サイクルツーリズム推進協

2020年08月13日 10時00分
石狩北部・増毛の景観再確認 サイクルツーリズム推進協

 お勧めのサイクリングルートを自分たちで確認―。石狩北部・増毛サイクルツーリズム推進協議会を構成する札幌開建、札幌建管、石狩市、増毛町、新篠津村の担当者5人が、1日から2日間の行程で増毛から石狩、当別、新篠津を経て、再び当別に戻る約135㌔のサイクリングルートを走破した。

関連キーワード: スポーツ 景観 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。