「 スポーツ」に関する記事

小さなまちのボールパーク 日ハム球場北広島へ(下)

2018年04月13日 17時00分
小さなまちのボールパーク 日ハム球場北広島へ(下)

 JR北広島駅周辺には公共施設や病院、スーパーはあるが、これという繁華街はない。札幌駅まで16分という近さが、商売を難しくしているという。ボールパーク(BP)とそこに向かう駅周辺からのルートができれば、まちを象徴する市街地が生まれる可能性がある。

小さなまちのボールパーク 日ハム球場北広島へ(上)

2018年04月12日 17時00分
小さなまちのボールパーク 日ハム球場北広島へ(上)

 北海道日本ハムファイターズのボールパーク(BP)候補地として、きたひろしま総合運動公園予定地が選ばれ、札幌市のベッドタウンから独自のまちづくりへと転換を図ろうとする北広島市。スタジアム建設だけでも500億円のビッグプロジェクトが、地域にもたらすインパクトは計り知れない。

スポーツ合宿推進の士別市 整形外科開業医の誘致助成

2018年04月05日 13時00分

 士別市は、2019年5月の開業を予定する仮称・しべつ整形外科への開業医誘致条例助成金の交付を予定している。医師不足解消などを目的に開業に必要な土地取得費、建物取得費などを助成するもので、今回が3例目となる。医院の規模はW造、2階、延べ560m²程度を想定。建築工事などについては、しべつ整形外科が8月にも設計会社を通して市内業者へ指名通知し、9月に入札を執行、10月に着工する見通しだ。

関連キーワード: スポーツ 医療福祉 道北

日ハムBP、北広島に 23年開業へ準備会社設立

2018年03月26日 19時07分

 北海道日本ハムファイターズのボールパーク(BP)を構想する日本ハム(本社・大阪)は26日、北広島市の「きたひろしま総合運動公園予定地」を候補地に決めた。同日、準備会社「北海道ボールパーク」を設立。事業化に向けた調査検討に取り掛かる。2023年の開業に向けた動きが本格化する中、新駅設置に関するJR北海道との協議の行方が注視される。

日ハム新球場構想、近く方向性 札幌市と実務協議終了

2018年03月24日 07時30分

 札幌市と北広島市を候補地とする日本ハムファイターズの新球場構想を巡り、札幌市と球団は23日、7回目の実務協議を行った。最後の話し合いで、球団側は近く、一定の方向性を出す。市側は固定資産税の減免事例や、候補地の真駒内公園までを結ぶシャトルバス運行に関する考察状況など行政支援を説明し、札幌市残留に向けた思いを伝えた。

関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,185)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,388)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,169)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,888)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,647)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。