「ボールパーク - Page 3」に関する記事

子どもの交流を促進 日ハム新球場に遊び場設置へ

2021年08月19日 10時00分
子どもの交流を促進 日ハム新球場に遊び場設置へ

 ファイターズスポーツ&エンターテイメント(本社・札幌、川村浩二社長)は17日、ボーネルンド(同・東京)とパートナーシップを結び、北海道日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」に子ども用の遊び場を設けると発表した。球場内は1050m²、屋外は880m²の広さ。このほか、隣接して子どもがスポーツに親しめるフィールドを設置する。

関連キーワード: さっぽろ圏 ボールパーク

BP完成にゴールはなし ファイターズスポーツ&エンターテイメント取締役事業統括本部長 前沢 賢氏

2021年06月25日 12時00分
BP完成にゴールはなし ファイターズスポーツ&エンターテイメント取締役事業統括本部長 前沢 賢氏

 開業まで2年を切った北海道ボールパークFビレッジ(BP)。北海道日本ハムファイターズの新球場を軸に多様な施設が並ぶ。事業当初から携わるファイターズスポーツ&エンターテイメント(FSE)の前沢賢氏は「BPが完成することはない」と語る。開発に込めるこだわりを聞いた。

日ハム新球場 多様な世代が集う交流拠点に選定

2021年05月16日 10時00分

 北海道日本ハムファイターズの新球場エスコンフィールドHOKKAIDOが、スポーツ庁と経済産業省が定める「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」に選ばれた。ファイターズスポーツ&エンターテイメントと北広島市の官民連携による取り組みが評価された。

北広島市と日本エスコン 駅西口周辺エリア活性化整備計画 

2021年04月27日 10時00分

 北広島市と日本エスコンは、JR北広島駅の西口周辺エリア活性化整備計画をまとめた。北海道ボールパークFビレッジ(BP)の2023年3月開業、駅西口周辺エリア活性化という2つのきっかけを通して、多くの人がまちに関わりや愛着を持つ「みんなにとってのホームタウンに」という目指す姿を掲げた。

北海道ボールパークFビレッジ 機能転換型防災拠点へ

2021年03月05日 15時00分

 2023年3月開業予定の北海道ボールパークFビレッジ(BP)では、機能転換型防災拠点を目指し、施設に備える防災機能の協議を18年度から進めている。宿泊施設では寝具を提供、飲食施設は食べ物を提供というように各事業者の特徴を生かして対応するだけではなく、行政と民間企業による連携で不測の事態に備える考えだ。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,220)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,383)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (1,782)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。