「人材確保 - Page 10」に関する記事

「技能実習延長」が倍増 道内はベトナム人が半数

2019年12月26日 10時00分
「技能実習延長」が倍増 道内はベトナム人が半数

 法務省の在留外国人統計(2019年6月末時点)によると、技能実習期間を2年延ばす「技能実習3号」の資格で在留する外国人が半年で倍増した。今春、仕事で即戦力になる外国人向けの新資格「特定技能」がスタートしたが、技能実習制度のニーズは根強いようだ。

関連キーワード: 人材確保 人材育成 海外人材

バックホー運転を多能工化へ 操作支援システムを開発中

2019年12月12日 10時00分

 砂子組(本社・奈井江)と北海道アトリウム(同・奈井江)、北寿産業(同・夕張)で構成する北海道土木技術開発連携会は、2018年度の国土交通省の「多能工化モデル事業」の支援対象事業に選ばれ、バックホーオペレーターの多能工化に向けたマシンガイダンスシステムの開発を進めている。システムを確立することで、技能工不足の解消や技能工の育成、生産性の向上につなげる考えだ。

関連キーワード: ICT 人材確保 人材育成 空知

深掘り 北海道鍛冶施工協会 北川敏夫会長

2019年12月06日 12時00分
深掘り 北海道鍛冶施工協会 北川敏夫会長

 北海道鍛冶施工協会は、ビルや商業施設などS造の建築工事で現場溶接を担う鍛冶工による団体として札幌や旭川などの企業12社からなる。北川敏夫会長(石狩機材社長)は、会員の技術向上につながる勉強会や学生向けのインターンシップ実施などを計画している。人手不足が叫ばれる中、鉄骨工事の現場では特に鍛冶工不足が深刻で業界を挙げた改善策が求められている。北川会長に鍛冶工を取り巻く市場環境について聞いた。

関連キーワード: インタビュー 人材確保 技能 深掘り

建設分野で道内初の特定技能外国人受け入れ 岸田組

2019年11月03日 10時00分
建設分野で道内初の特定技能外国人受け入れ 岸田組

 岸田組(本社・旭川)は、特定技能1号の在留資格を取得したベトナム人男性2人を受け入れた。技能実習生からの移行で、職種は型枠施工。10月28日から現場作業に入った。建設分野の特定技能外国人としては、道内初となる。

関連キーワード: 上川 人材確保 海外人材

深掘り 日本補償コンサルタント協会 中野芳道支部長

2019年10月07日 12時00分
深掘り 日本補償コンサルタント協会 中野芳道支部長

 公共事業に携わる国や地方公共団体の職員減少に伴い、災害時の被害調査などで補償コンサルタントの活躍する舞台が広がっている。新たな業務に対応した知識の習得が迫られるとともに、未来を担う技術者の確保・育成を急ぐ必要がある。補償コンサルは「知的技術サービス業」という日本補償コンサルタント協会北海道支部の中野芳支部長に、現状と展望を聞いた。

関連キーワード: インタビュー 人材確保 深掘り 災害

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,992)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,074)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,642)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,435)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,296)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。