「 企業ファイル_激動に挑む経営者たち」に関する記事

不動産取引業と境界標確認両輪で 中島測量設計

2019年04月21日 15時00分
不動産取引業と境界標確認両輪で 中島測量設計

 石狩市内を中心に測量業と不動産取引業を営む中島測量設計(本社・石狩)。測量と不動産のノウハウを持つ強みを生かし、リーズナブルな境界標確認サービスや親身になった不動産仲介を展開し、地元から支持されている。食や観光をテーマにした地域振興にも積極的で、浜益区の果樹園と共同でワイン用ブドウ作りに尽力。岩見沢市内の会社に醸造してもらい、来春には初の石狩産ワインを出荷させたい考えだ。

トンネル技術開発と本州での提案営業強化 東宏

2019年03月08日 15時00分
トンネル技術開発と本州での提案営業強化 東宏

 土木資材製造・販売の東宏(本社・札幌)は、トンネル工事向けの新技術開発に強みを持ち、それまでの資材商社から技術メーカーに経営方針を変えたことで、近年業績を伸ばしている。2018年9月に軽仮設リース大手の日建リース工業(同・東京)の出資を受け、本州市場での提案営業を強化。小林雅彦社長は「今後は日建グループの一員として、日本のトンネル技術に一層貢献したい」と話している。

「100回帳」がベクトル合わせ前進する原動力に 北創

2019年02月16日 15時00分
「100回帳」がベクトル合わせ前進する原動力に 北創

 札幌市北区屯田に本社を構える土木工事会社の北創。2006年の合併を境に一時は厳しい経営を強いられたが、現在は頭角を現した若手社員とベテラン社員が融合し、昨年、7年ぶりに札幌市下水道河川局の工事安全管理優秀業者に選ばれた。その原動力の一つが「100回帳」と呼ぶスタンプカード。日常の業務姿勢や社員間の思いやりを促す仕掛けとなっている。全員がベクトルを一つに合わせることで、前進し続ける。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (3,716)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,077)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,589)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,386)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。