「入札制度 - Page 2」に関する記事

賃上げ道内企業75% 総合評価への加点措置で

2022年05月13日 09時00分
賃上げ道内企業75% 総合評価への加点措置で

 北海道建設新聞社は、道内の主要ゼネコンを対象に賃上げの対応などをアンケートした。全体の4分の3が総合評価での加点措置に沿った賃上げを実施したと答えた。担い手確保や若手職員定着という従来の目的のほか、加点によって受注機会を確保するために多くの企業が賃上げに踏み切ったとみられる。ただ、自由回答では「賃金引き上げに重点を置く加点措置は企業の経営を疲弊させる」と加点措置に懸念を示す意見が聞かれた。

関連キーワード: 企業 入札制度

建築・設備設計の簡易型総合評価要領まとめる 旭川市

2022年04月04日 16時55分

 旭川市総務部は、2022年度から試行を始める建築設計、建築設備設計の簡易型総合評価の要領をまとめた。企業の施工能力評価では同種業務実績や市内での本店・営業所所在、1級建築士在籍数などを段階的に評価。22年度当初の工事情報を見ると、簡易型3件と、より簡便な特別簡易型7件の実施を予定している。

関連キーワード: 上川 入札制度 設計

旭川市建築部が建築・設備設計に総合評価導入

2022年03月30日 16時55分

 旭川市建築部は、4月1日以降の公告から建築設計・建築設備設計の一般競争入札で総合評価方式を試行する予定だ。新築や増改築など大型物件の設計には簡易型を採用し、簡易な修繕設計は業務の実施方針を問わない特別簡易型を適用する考え。2022年度は10―20件程度の試行を見込んでいる。

関連キーワード: 上川 入札制度

小・中統合校新築で入札契約改善推進事業活用 中富良野町

2022年03月23日 17時45分

 中富良野町は、2023年度の着工を目指す中富良野小と中富良野中の統合校舎新築に向け、国土交通省の「入札契約改善推進事業」を活用する。地元企業の受注に配慮しながら、透明性・公平性の維持に努めるため、地域要件や特定共同企業体結成の有無など幅広く入札方法を検討する。

関連キーワード: 上川 入札制度 学校

道農政部、新労務単価と技術者単価を22日から適用

2022年02月28日 19時01分

 道農政部は、国が新たな公共工事設計労務単価と設計業務委託等技術者単価を決定したことを受け、3月22日以降の入札から新単価を適用する。旧単価で入札した工事と委託は受注者からの請求があれば、新単価に基づく契約へと変更できる特例措置を講じる。

関連キーワード: 入札制度

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

セントラルリーシング、千歳に複合レジャー拠点
2023年02月24日 (20,423)
イオン新店舗周辺の3路線を改良 室蘭市が24年度着...
2023年02月24日 (14,702)
真駒内地区義務教育学校、24年秋ごろ着工
2023年02月27日 (5,079)
ラピダスが千歳に半導体工場建設へ
2023年02月27日 (4,381)
来場者の五感を刺激 エスコンフィールド内覧会で実感
2023年03月11日 (3,856)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第251回「マスクの使い方」。換気がよい戸外ではそろそろ外しても大丈夫です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第30回「春を待つ街路樹」。街を彩り、運転をしやすくする、景観のお助けアイテムとも言えます。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第28回「『学び直し』の機会提供」。職場内の意識が改革され、多様性が取り入れられます。

連載 北海道開発事業費
見え始めた未来像
2023年度

迫る巨大地震
2023年度の北海道開発事業費を検証しながら、本道建設業の課題を整理する。