「再開発マップ_ラフィラ」に関する記事

ススキノラフィラ跡地ビルが「ZEB Ready」達成

2022年07月21日 06時00分

 北海道電力は19日、商業施設ススキノラフィラ跡地で建設中の大型複合施設が「ZEB Ready」を達成したと発表した。ZEBプランナーの同社と竹中工務店が協働で取り組み、3月に認証を取得した。道内最大のZEB化事例となる。商業やホテルの入る複合施設としては全国でも最大規模だという。

東急不動産などのラフィラ跡複合ビル 竹中工務店で着工🔒

2021年07月05日 14時00分
東急不動産などのラフィラ跡複合ビル 竹中工務店で着工🔒

 この記事は北海道建設新聞2021年7月5日付2面に掲載されました。閲覧は新聞本紙か、e-kensinプラスの記事検索コーナー、またはe-kensinマップをご覧ください。

ススキノラフィラ跡の複合施設は延べ5.3万㎡、6月下旬に着工へ

2021年01月08日 17時00分

 東急不動産などが計画する、札幌市内の商業施設「ススキノラフィラ」跡地の新施設概要が分かった。物販店舗、シネマコンプレックス、ホテルなどが入居する地下2地上18階建て、延べ5万3498m²の複合施設で、2021年6月下旬の着工と23年冬のオープンを目指している。

ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ

2019年10月18日 18時00分

 札幌市内の商業施設「ススキノラフィラ」が、2020年5月に閉店する。竹中工務店やイトーヨーカ堂など地権者6者は、既存施設を解体して、ホテルや商業などが入る新ビルに建て替える計画。早ければ2023年の開業を目指している。

ラフィラ建替を検討 ススキノ十字街ビル、竹中など

2018年11月21日 12時00分

 札幌市中央区にある商業施設「ススキノラフィラ」の地権者である、ススキノ十字街ビルや竹中工務店など6者は、同ビルの建て替えを検討している。2019年に施設概要を含めた再開発計画の方向性を固める意向。建て替えが決まれば、テナントの賃貸契約が満了する20年5月末以降に着工となる見込みだ。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,748)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,953)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,266)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,299)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,062)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。