「北海道新幹線 - Page 3」に関する記事

6450億円の増額必要と試算 新幹線新函館北斗―札幌間

2022年12月09日 08時00分

 国土交通省の北海道新幹線整備に関する有識者会議は、新函館北斗―札幌間の事業費について6450億円の増額が必要との試算をまとめた。当初は1兆6700億円を見込んでいたが、工事に伴う発生土処理への対応、関係法令の改正、資材価格高騰などを勘案。これに伴う地元自治体の負担増が懸念されるため、道や札幌市、沿線自治体も今後の動向に注目しており、「できる限り負担は避けたい」との声が聞かれる。8日に国交省の上原淳鉄道局長が道庁を訪れ、鈴木直道知事や秋元克広札幌市長らに詳細を説明する。

関連キーワード: 北海道新幹線

道新幹線4駅の新駅デザインを提案へ 鉄道運輸機構

2022年11月14日 08時00分

 鉄道・運輸機構は、北海道新幹線札幌延伸に伴い新築を計画している仮称・新八雲、長万部、仮称・新小樽、倶知安駅の設計について、1年程度かけて複数のデザイン素案をまとめ、駅が所在する自治体に提案する予定だ。簡易公募型プロポーザルで募集した駅舎の設計者は9、10月に決定。現在は各市町から提出されたデザインコンセプトを基に作業を進めているところで、素案作成後、半年から1年程度かけ自治体に1案へ絞ってもらうことを考えている。

関連キーワード: JR北海道 北海道新幹線

道新幹線と空港連携を 北大名誉教授の佐藤馨一氏に聞く

2022年09月21日 08時00分
道新幹線と空港連携を 北大名誉教授の佐藤馨一氏に聞く

 北海道の都市計画研究の第一人者である佐藤馨一北大名誉教授が、日本都市計画学会の2022年度功績賞を受賞した。佐藤名誉教授は道内の交通施策やまちづくりに深く関わり、とりわけフル規格での新幹線札幌延伸に導いた功績は大きい。佐藤名誉教授に北海道新幹線の役割や札幌延伸に伴う交通インフラの在り方について話を聞いた。

10月から札幌駅構内の高架橋着工へ 新幹線延伸で

2022年08月19日 08時00分

 JR北海道は17日、新幹線札幌延伸に向けて札幌駅構内の新幹線高架橋工事に10月から取り掛かると発表した。高架橋整備の空間を確保するため、まずは1番線の廃止と2番ホームの改良を進める。高架橋本体含めて2027年度までに終える予定で、施工は鉄建建設・札建工業・岩倉建設共同体が担う。これに伴い、1番線は10月15日に廃止し、北端で新設する11番線を翌16日始発から供用する。

新駅建設で町に変化を 木幡正志長万部町長に聞く

2022年08月10日 08時00分
新駅建設で町に変化を 木幡正志長万部町長に聞く

 任期満了に伴う7月の長万部町長選で無投票3選を果たした。北海道新幹線長万部駅や駅前区画整理を踏まえた政策など、木幡正志町長に今後の展望を聞いた。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,388)
藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,342)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,320)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,311)
アルファコート、北見駅前にホテル新築 「JRイン」...
2024年04月16日 (1,024)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。