「国交省 - Page 4」に関する記事

開発局が70周年特設HP開設 動画コンテストの募集も

2021年06月29日 10時00分
開発局が70周年特設HP開設 動画コンテストの募集も

 北海道開発局はことし7月で開局70周年を迎えることから、北海道開発のあゆみをたどる特設ホームページを同局ホームページ内に30日、開設する。これまで実施してきた施策、事業を紹介する「開発局70年史」、開拓時代を含めた本道の開発事業エピソードを取りまとめた「北海道開発のあゆみ」をメインコンテンツとする。また、北海道の魅力やインフラを紹介する動画コンテストの作品募集を7月1日から始める。

関連キーワード: 国交省 開発局

サッポロフラワーカーペットが都市景観大賞優秀賞に

2021年06月14日 17時00分
サッポロフラワーカーペットが都市景観大賞優秀賞に

 国土交通省は10日、2021年度都市景観大賞景観まちづくり活動・教育部門の優秀賞(都市景観の日実行委員会会長賞)にサッポロフラワーカーペットを選定したと発表した。市民ボランティアらで、花びらや自然素材を使った花絵を作る取り組み。道内からの受賞は、大賞に北彩都あさひかわ地区、優秀賞に札幌北2西4地区が輝いた15年度以来となる。例年開催しているまちづくりと景観を考える全国大会での表彰状授与は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止する。

関連キーワード: さっぽろ圏 国交省 景観

開発局が海藻のCO₂吸収に着目 釧路港や函館港で検討 

2021年06月08日 10時00分
開発局が海藻のCO₂吸収に着目 釧路港や函館港で検討 

 北海道開発局は、地球温暖化の緩和策として海藻が二酸化炭素(CO₂)を吸収するブルーカーボンに着目し、道内港湾への展開を目指している。2021年度は、釧路港東港区で育成している海藻の自然環境のほか、有機物が混じっている函館港西防波堤の背後盛り土の性質を整理。それぞれでCO₂の固定量の定量化について評価、検討する。

関連キーワード: 国交省 渡島 港湾 釧路

高規格ユニットロードターミナル導入を検討 開発局

2021年05月31日 10時00分
高規格ユニットロードターミナル導入を検討 開発局

 北海道開発局は、最先端技術で効率的な物流を実現する高規格ユニットロードターミナル導入の検討に着手する。直轄での導入検討は道内初で、苫小牧港東港区の周文埠頭をモデルに検討を始める。埠頭の一部を拡張整備して、検討に用いるフィールドを確保する計画だ。2021年度は国内、海外の先行事例や技術動向を収集し、埠頭利用者と導入技術に関する協議を重ねる。同港での検討を進め、将来的には道内の他の港湾にも水平展開したい考えだ。

関連キーワード: 国交省 港湾 物流

道横断道足寄―陸別間の事業再開を検討へ 開発局

2021年04月30日 10時00分

 北海道開発局は、防災・減災、国土強靱化に向けた道路の5か年対策プログラムの北海道ブロック版を策定した。高規格道路のミッシングリンク解消や暫定2車線区間の4車線化を推進して、災害に強い国土幹線道路ネットワークを構築。災害の発生から約1日で緊急車両の交通を確保するための道路網実現を目指す。道内で促進する道路事業や各整備区間の開通時期見通しも公表。道横断自動車道足寄―北見間では、凍結している足寄IC―陸別IC間の事業再開に向けた検討を2021年度に進める。

関連キーワード: 国交省 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 東宏
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,744)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,614)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,323)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,001)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,914)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。