「地域振興 - Page 23」に関する記事

道内の無電柱化推進へ NPO法人が札幌でシンポジウム

2017年10月25日 10時00分
道内の無電柱化推進へ NPO法人が札幌でシンポジウム

 NPO法人電線のない街づくり支援ネットワークはこのほど、札幌市内で「北海道らしい無電柱化を考える」をテーマにシンポジウムを開いた。パネル討論では、石田東生日本みち研究所理事長、浜田哲美瑛町長、室谷元男江差町歴まち商店街協同組合監事、奥村敦史北海道電力流通本部配電部長の4氏が、道内での無電柱化推進を巡って意見を交わした。

関連キーワード: 地域振興

JR石北本線存続 高橋知事が地元代表と意見交換

2017年10月19日 08時00分
JR石北本線存続 高橋知事が地元代表と意見交換

 高橋はるみ知事は18日、遠軽町で、存続問題が浮上しているJR石北本線について佐々木修一町長をはじめ地元の代表と意見交換した。地元側は特急車内販売の復活など利用客増加への計画を報告。高橋知事は、JR北海道にさらなる情報公開を求める考えを示した。

関連キーワード: 地域振興 鉄道

大雪カムイミンタラDMOを設立 地域の観光振興けん引へ

2017年10月18日 19時00分
大雪カムイミンタラDMOを設立 地域の観光振興けん引へ

 旭川市と周辺エリアにおける観光振興を目的とした大雪カムイミンタラDMOの設立総会が17日、旭川トーヨーホテルで開かれた。理事長には西川将人旭川市長を選出。今後は、観光庁が登録主体となる日本版DMO(観光地域づくりを主導する法人・団体)への登録に向けて準備を進めるほか、基本計画やアクションプランの策定にも取り組む考えだ。

関連キーワード: 地域振興 観光

支部長に五十嶺氏 古民家活用推進の北海道支部が設立 

2017年10月17日 07時00分

 全国古民家活用推進協会の北海道支部がこのほど、小樽市内で設立された。支部長は大成不動産(本社・小樽)の五十嶺若枝社長。築年数が経過して資産価値ゼロとされがちな古民家の評価を見直すとともに、売買などを通して古民家の維持や地域活性化に取り組んでいく。

関連キーワード: 住宅 地域振興

「道の駅あっさぶ」を機能拡充へ 物販機能強化なども

2017年10月04日 19時00分
「道の駅あっさぶ」を機能拡充へ 物販機能強化なども

 厚沢部町は、国道227号沿いにある道の駅あっさぶを再整備する。現施設の西側拡張案と東側拡張案を構想しており、総事業費は最大で5億円と試算。原案作成に向けて31日まで町民意見を募っている。

関連キーワード: 地域振興 市町村行政 道の駅

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,230)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,221)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,571)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,524)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,509)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。