「宇宙 - Page 2」に関する記事

宇宙産業を地域産業に SPACE COTAN小田切社長

2021年11月07日 09時00分
宇宙産業を地域産業に SPACE COTAN小田切社長

 大樹町でロケットの射場整備を計画するSPACE COTAN(本社・大樹)の小田切義憲社長は10月29日、釧路工業技術センターで北海道スペースポート(HOSPO)構想などを主題に講演した。道内で培った「ものづくりのノウハウ」を宇宙産業で生かす事例を紹介。宇宙産業を地域の新たな基幹産業としてつなぐ必要性を説いた。

関連キーワード: 地域振興 宇宙

会社探訪記 植松電機 ロケット開発を支える

2021年08月17日 12時00分

 宇宙ロケット開発で広く知られる植松電機(本社・赤平)だが、本業は解体現場などで使うリサイクル用マグネットの製造販売だ。20年間でおよそ7000台を全国で販売し、市場シェアは9割を誇る。従業員30人弱の工場が取り組むマグネット事業が、北海道の民間ロケットのパイオニアを支えてきた。

関連キーワード: 会社探訪記 宇宙 解体

宇宙港への夢アシスト ふるさと納税10社に大樹町が感謝状

2021年07月15日 15時00分
宇宙港への夢アシスト ふるさと納税10社に大樹町が感謝状

 大樹町は12日、町多目的航空公園で北海道スペースポート(HOSPO)整備に対する企業版ふるさと納税感謝状贈呈式を開いた。2020年度から21年6月までに寄付した企業を対象に建設業者など10社の代表が出席。宇宙港の基点となる滑走路上で、宇宙港への夢をアシストした各企業に酒森正人町長が感謝状を手渡した。

関連キーワード: 十勝 宇宙

民間初の月面探査へ ダイモンが赤平で実証実験

2021年07月03日 10時00分
民間初の月面探査へ ダイモンが赤平で実証実験

 月探査車を開発するダイモン(本社・東京)は6月30日、開発中の月面探査車「YAOKI」の実証実験をした。植松電機(本社・赤平)の実験装置を用いて、月と同程度の重力環境と真空環境を走行。ダイモンによると、これらの環境で探査車を走行させる試みは日本初だという。2022年初めに予定する民間世界初の月面探査に向けた一歩を踏み出した。

関連キーワード: 宇宙 空知

宇宙への夢乗せて 電柱広告で大樹町応援

2021年06月27日 10時00分

 北電興業は、宇宙のまちづくりを進める大樹町を応援するため、地域貢献型寄付付き電柱広告の販売を開始した。設置1カ所につき広告料の一部を寄付。町内で宇宙ビジネスにチャレンジする事業者の支援や、ロケット射場などの施設整備に役立ててもらうのが狙いだ。

関連キーワード: 十勝 宇宙

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,065)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,234)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,191)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,714)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,316)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。