「宿泊施設 - Page 2」に関する記事

十勝清水駅近くに簡易宿所をオープン プラウリテール

2022年12月15日 08時00分
十勝清水駅近くに簡易宿所をオープン プラウリテール

 プラウリテール(本社・清水)は12日、JR十勝清水駅近くで簡易宿所「Plough Class(プラウ・クラス)」をオープンした。本業であるファッション店経営の視点から、建物と家具はシンプルな色調にこだわった。ビジネス客に加え、帰省や冠婚葬祭での利用を見込む。

関連キーワード: 十勝 宿泊施設

道内初「LARP」建設も進む 弟子屈町の補助制度が好調

2022年12月14日 08時00分
道内初「LARP」建設も進む 弟子屈町の補助制度が好調

 弟子屈町の企業振興促進補助制度が好調だ。小規模開発にも対応できるよう要件を見直したことで施設整備が増えている。道内初となるファンタジーを楽しめる空間「LARP」の建設が進むなど、今後の企業誘致にも期待ができそうだ。

関連キーワード: 宿泊施設 観光 釧路

ほろしん温泉ほたる館改修 沼田町が第一寶亭留と協議へ

2022年12月06日 08時00分

 沼田町は、老朽化が進む温泉宿泊施設ほろしん温泉ほたる館の大規模改修を検討する予定だ。2023年度から、定山渓温泉などでホテル事業を展開する第一寶亭留(本社・札幌)が指定管理者として運営を担当。今後、宿泊施設のリニューアルなどについて一緒に協議する考え。具体的な方向性がまとまり次第、改修に着手する見通し。

関連キーワード: 入浴施設 宿泊施設 空知

道内民泊需要盛り返す 入国規制緩和などが背景

2022年11月17日 08時00分
道内民泊需要盛り返す 入国規制緩和などが背景

 コロナ禍で落ち込んだ道内の民泊需要が盛り返している。アフターコロナの浸透や外国人の入国規制緩和などを背景に宿泊者数が伸び、国内外投資家による民泊物件の投資も活発になってきた。これまで札幌中心だった宿泊需要は、ニセコや洞爺湖、富良野といったリゾート地へと広まりを見せている。

関連キーワード: 宿泊施設

4日プレオープン 高橋工業が中標津町にコンテナホテル

2022年10月04日 07時30分
4日プレオープン 高橋工業が中標津町にコンテナホテル

 高橋工業(本社・別海)は4日、コンテナ型宿泊施設「HOTEL KUTEKUN」を中標津町内でプレオープンする。近年人気が高まるサウナをフロント棟に完備。素泊まり利用の需要を満たすとともに、道東地域の宿泊施設不足の解消を目指したい考えだ。

関連キーワード: 入浴施設 宿泊施設 根室

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (16,949)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,592)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (6,989)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (6,053)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,941)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第31回「特に需要が増える繁忙期」。情勢を把握して適切な宣伝を行うと、新規顧客獲得につながるかもしれません。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。