「新幹線 - Page 5」に関する記事

新幹線見据えたまちづくり 長万部町広域連携も模索

2019年01月09日 15時00分
新幹線見据えたまちづくり 長万部町広域連携も模索

 長万部まちづくりアクションプランに基づき、長万部町は都市計画マスタープランの調査・検討や広域連携などに取り組んでいる。2019年度末のマスタープラン策定後、22年度をめどに都市計画決定する見通し。広域連携では、黒松内町と豊浦町との3町で「はしっこ同盟」を結び、駅ができる強みを生かした圏域発展を模索している。

関連キーワード: 地域振興 新幹線 道南

大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区

2019年01月09日 07時00分

 鉄道・運輸機構北海道新幹線建設局は8日、低入札のため保留としていた北海道新幹線札樽トンネル札幌工区の落札者を大林組・東亜建設工業・大本組・みらい建設工業・丸彦渡辺建設共同体に決めた。落札額は497億円(税抜き)だった。

重大NEWS2018 (4)道新幹線札幌駅ホーム

2018年12月20日 12時00分
重大NEWS2018 (4)道新幹線札幌駅ホーム

 紆余(うよ)曲折を経ての決着だった。道都・札幌の新幹線ホーム位置は2年半に及ぶ議論の末、ことし3月、創成川をまたぐ大東案に決定した。ホーム位置が決まらずに停滞していた駅前再開発が構想づくりに動きだすなど、2030年度の札幌開業に向け新たな玄関口づくりが本格化する。

新幹線「新八雲駅」の駅前広場に26年度着工 八雲町

2018年11月22日 15時00分

 八雲町は、北海道新幹線仮称・新八雲駅周辺整備基本計画の素案をまとめた。「牧場の中にある駅」をキーワードとし、開発を必要最小限にとどめる。駅前広場と駐車場で計7000m²を計画。駅前広場へのアクセス道路約230mも整備し、周辺には農業関連施設の誘致を目指す。駅前広場などのハードは2022年度から測量・環境調査に着手し、駅舎の建築が始まる26年度ごろから順次着工を想定している。

関連キーワード: 新幹線 道南

小樽港に旅客ターミナル構想 迫俊哉小樽市長インタビュー

2018年11月13日 12時00分
小樽港に旅客ターミナル構想 迫俊哉小樽市長インタビュー

 戦後最多の4人が出馬した8月26日の市長選で初当選を果たし、翌日から登庁。就任1カ月後には第3回定例会が開かれ、前市長と対立していた議会との関係修復などに尽力した。北海道新幹線仮称・新小樽駅周辺まちづくりなどが将来の柱になる事業と語る迫俊哉市長に、市政運営の課題やまちづくりの展望を聞いた。

関連キーワード: インタビュー 新幹線 港湾 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。