「 歴史的建造物」に関する記事

小樽・魁陽亭隣接地にホテル 東京の不動産業者が計画

2018年11月16日 19時00分

 不動産業のインフィニットルミナス(東京都中央区日本橋人形町1丁目16の7、佐藤勉社長)は、小樽市内の旧料亭・魁陽亭(海陽亭)隣接地で7階建て、客室数約40室のホテル新設を計画している。土地引き渡し後の2019年4月から施工業者の選定に入る。早ければ3―4年後の開業を見込んでいる。魁陽亭は飲食店などのテナント施設として改修中で、19年度は外装に取り掛かる。

関連キーワード: ホテル 歴史的建造物 道央

帯広の旧双葉幼稚園園舎、保存活用へ 来春NPO設立へ

2018年11月13日 15時00分
帯広の旧双葉幼稚園園舎、保存活用へ 来春NPO設立へ

 市民の手で歴史的建造物を存続―。重要文化財の旧双葉幼稚園園舎は、2019年4月から地元市民で組織するNPO法人によって保存活用を進めることになった。法人名は「双葉の露」とし、設立準備委員会は会員募集を開始した。法人を通じて園舎の一般公開やイベント開催のほかに、施設の耐震改修にも取り組んでいく考えだ。

関連キーワード: 歴史的建造物 道東

札幌市時計台がリニューアル 12月末まで入館無料

2018年11月02日 16時00分
札幌市時計台がリニューアル 12月末まで入館無料

 外部改修工事で6月から休館していた札幌市時計台が1日、リニューアルオープンした。5カ月ぶりの開館を迎え、初日は多くの観光客が集まり、札幌を代表する観光地としてにぎわう風景が久々に戻ってきた。12月末までは北海道胆振東部地震の影響で減少した観光客回復の一環として、入館料を無料とする。

関連キーワード: さっぽろ圏 歴史的建造物 観光

近代建築物早期保全を 道東過疎地文化財でシンポジウム

2018年10月29日 16時00分
近代建築物早期保全を 道東過疎地文化財でシンポジウム

 過疎地に眠る文化財を守るには―。道東3管内博物館施設等連絡協議会などは25日、浦幌町立博物館で過疎地での文化財保護の現状と課題に関するシンポジウムを開いた。学芸員や一般市民61人が参加。浦幌町立博物館の持田誠学芸員は、浦幌町に現存する明治時代に建てられた旧斉藤牧場事務所が文化財としての保護を受けておらず老朽化が進行していることから、早期保全に向けて問題提起した。

関連キーワード: 景観 歴史的建造物 道東

別海の旧奥行臼駅逓所を21日まで開放 柾葺屋根など復元

2018年10月20日 14時00分
別海の旧奥行臼駅逓所を21日まで開放 柾葺屋根など復元

 別海町内にある国指定史跡「旧奥行臼駅逓所」の保存修理工事が完了した。北棟は腐朽部のみを取り換える半解体修理を施し、駅逓所が盛んに使用されていた大正時代の状態に近づけている。

関連キーワード: 歴史的建造物 観光 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • イイファス
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,255)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,234)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,080)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,901)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,565)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。