「畜産 - Page 2」に関する記事

オホーツク湧別バイオガスを設立 湧別町農協など6者

2021年11月05日 15時00分
オホーツク湧別バイオガスを設立 湧別町農協など6者

 家畜ふん尿を活用し、産業創出と再生エネルギーの有効利用へ―。湧別町農業協同組合、湧別町など6者が出資するオホーツク湧別バイオガス株式会社が1日設立した。町や地域団体、民間企業がタッグを組み、集中型バイオガスプラントの建設や再生エネルギーの利活用に取り組む。プラントで発電した電力は主に売電する考えで、売電量は年間約670万㎾時を見込む。

関連キーワード: エネルギー オホーツク 畜産

バイオガスプラント核に 喜井知己鹿追町長インタビュー

2021年01月30日 10時00分
バイオガスプラント核に 喜井知己鹿追町長インタビュー

 家畜ふん尿を利用したバイオガスプラントの稼働数が全国で最も多い十勝管内。プラントを核としたまちづくりに取り組む鹿追町は、2021年度から3基目の建設に向けて調査に入る予定だ。開町100年を迎えた昨年は役場庁舎など市街地の9つの公共施設を対象に地域マイクログリッドを構築した。脱炭素社会の形成を進める同町の喜井知己町長に戦略を聞いた。

関連キーワード: インタビュー エネルギー 十勝 畜産

バイオガスプラント3基目新設 鹿追町が21年度に調査開始

2021年01月25日 10時00分
バイオガスプラント3基目新設 鹿追町が21年度に調査開始

 鹿追町は2021年度、3基目となる集中型バイオガスプラント新設に向けて建設地などの調査に入る見通しだ。乳牛の飼養頭数が増加する中で北鹿追、笹川、東瓜幕地区を対象に家畜ふん尿の適正処理を進める。総事業費28億円を投じた瓜幕のプラントを上回る規模を想定。時期は未定だが、早期の着工を目指す。

関連キーワード: エネルギー 十勝 畜産

家畜ふん尿由来水素活用で実証事業 しかおい水素ファーム

2021年01月16日 10時00分
家畜ふん尿由来水素活用で実証事業 しかおい水素ファーム

 鹿追町内の「しかおい水素ファーム」でエアウォーター(本社・大阪)や鹿島(同・東京)などが取り組む家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業。町のバイオガスプラントで発生したメタンガスから水素を製造し、遠隔地で利用する試みだ。昨年11月からは、おびひろ動物園に簡易型水素充填(じゅうてん)車で水素を運び、園内の一部電源を賄う。水素社会の実現に向けた動きが加速する中、試みは未来の農村のモデルとして注目される。

関連キーワード: エネルギー 畜産

全農畜産サービスが上士幌営業所豚舎増築をダイヤで着工🔒

2021年01月05日 07時00分

 この記事は北海道建設新聞2020年11月25日付2面に掲載されました。本紙のご購読についてはこちらのページからお問い合わせ下さい

 また、紙面のほか、有料の会員向けサービス「e-kensinプラス」の「記事検索コーナー」でも記事をご覧いただけます。詳しくはこちらのページをご覧下さい

関連キーワード: 十勝 本紙見出し 畜産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。