「 観光」に関する記事

観光列車「風っこそうや」歓迎へ おもてなし案を募集

2019年04月26日 12時00分
観光列車「風っこそうや」歓迎へ おもてなし案を募集

 あなたのアイデアで観光列車をもてなそう―。有志による音威子府村若手まちづくりグループnociw*(ノチウ)が、7―9月にJR宗谷本線を走る観光列車「風っこそうや」号を地域一体で迎えるための歓迎おもてなし案を募集している。住民のほか企業や団体による地域貢献も対象としており、沿線で手を振るなど、ささやかな活動から応募可能だ。

関連キーワード: 上川 観光 鉄道

倶知安町が11月1日から宿泊税を導入 宿泊料金の2%

2019年04月24日 12時00分

 倶知安町が11月1日から導入する宿泊税に関し、19日付で総務省の同意を得た。宿泊料金に対し一律2%を徴収する。定額制ではなく率を定めるのは、全国で初めてとなる。

関連キーワード: ホテル 後志 観光

春の訪れ告げる カナモトホール前庭の花時計が運転再開

2019年04月20日 09時00分
春の訪れ告げる カナモトホール前庭の花時計が運転再開

 カナモトホール(札幌市民ホール)前庭の花時計が12日、約5カ月ぶりに運転を再開し、春の訪れを告げた。1958年7月の旧市民会館完成と同時に設置されて61年。ことしは、雪解けも早く、昨年より6日早い始動となった。

関連キーワード: さっぽろ圏 観光 造園

「北海道ふっこう割」道外の認知度3割に届かず

2019年04月17日 15時00分

 インテージ(本社・東京)札幌事業所は「北海道ふっこう割」の効果と「札幌大通公園で行われる大型イベント」に関する調査結果をまとめた。北海道ふっこう割の道外での認知度は3割未満。利用のハードルとなったのは、情報不足と利用枠不足であることが分かった。

関連キーワード: 災害 観光

安平町道の駅「あびらD51ステーション」が19日に開業

2019年04月16日 12時00分
安平町道の駅「あびらD51ステーション」が19日に開業

 安平町が追分地区で建設を進めてきた道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が19日、開業する。道内では124駅目で、国道234号沿線では初。町の鉄道遺産であるD51などを活用し、魅力を町外に広くアピールする狙いだ。

関連キーワード: 胆振 観光 道の駅 道路 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (8.4k)
ニトリが石狩湾新港に物流施設新設...
2020年11月06日 (1.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.6k)
霧立峠トンネル掘削進む...
2020年11月10日 (1.5k)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線...
2020年06月16日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 サハリン・スケッチ new

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第2回「赤は目立たない色?」図面や変更指示書を作成する際は、色だけに頼らない工夫や電話での確認が大事です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第2回「一万超の許認可が主戦場」前職の経験などを生かしそれぞれの行政書士が得意分野を持って業務に当たっています。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第196回は「見えない感染」。手洗い、三密回避、マスクを着け、直接接触を避ける。お互いを思いやって頑張りましょう。