「農業 - Page 5」に関する記事

空知総合局経営体豊葦第1地区の23年度以降残事業費

2022年05月31日 17時10分

 空知総合局産業振興部は、区画整理を進めている経営体豊葦第1地区(美唄市)で、2023年度以降の残事業費として22億430万円を見込む。残事業量は区画整理87.5haとなっている。

関連キーワード: 北海道庁 空知 農業

23年度の策定目指す 留萌開建の羽幌二股地区整備構想

2022年05月30日 17時40分

 留萌開建は、2021年度から羽幌町で進めている農業用ダム改修を含む羽幌二股地域の整備方向検討調査について、23年度の整備構想策定を目指している。22年度は、羽幌二股ダムや頭首工の劣化、河川流況の変化など、21年度の調査で判明した課題の対応に向け、施設計画の立案に取り組んでいる。

関連キーワード: ダム 留萌 農業

経営体西納内23年度以降の残事業費に20億円 空知総合局

2022年05月26日 17時30分

 空知総合局産業振興部は、暗渠排水と併せて区画整理を進めている経営体西納内地区(深川市)で2023年度以降の残事業費に20億190万円を見込む。残事業量は、農業用用水路の整備で5759m、農業用排水路2865m、区画整理では140.2haとなっている。

関連キーワード: 北海道庁 空知 農業

畑地帯川西中央2―1地区 十勝総合局が23年度の着工計画

2022年05月25日 17時00分

 十勝総合局産業振興部は、畑地帯担い手育成型川西中央2―1地区の2023年度着工を計画している。総事業費は40億円を見込む。ほ場の畑地かんがいや区画整理に取り組み、排水不良を解消する。22年度は調査設計を進め、23年度に区画整理の客土から着工。30年度の事業完了を目指す。

関連キーワード: 北海道庁 十勝 農業

愛国北園通など33地区妥当 道の公共事業評価専門委

2022年05月24日 09時00分

 道は20日、2022年度第2回公共事業評価専門委員会を開き、国に23年度着手を要望する事業費10億円以上の大規模公共事業などを事前評価した。34地区を対象に事業の必要性や効果を検証した結果、3・3・26愛国北園通整備(釧路市)など33地区が妥当であると判断。農政部が挙げていた、ため池整備茂平沢第一地区(当別町)は対象から取り下げたため評価せず、建設部所管の雨竜川広域基幹改修(幌加内町)は事業内容の妥当性が十分説明されていないとして継続審議とした。

関連キーワード: 北海道庁 農業 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,038)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,993)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,137)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,731)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,527)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。