「 道央」に関する記事

小樽・魁陽亭隣接地にホテル 東京の不動産業者が計画

2018年11月16日 19時00分

 不動産業のインフィニットルミナス(東京都中央区日本橋人形町1丁目16の7、佐藤勉社長)は、小樽市内の旧料亭・魁陽亭(海陽亭)隣接地で7階建て、客室数約40室のホテル新設を計画している。土地引き渡し後の2019年4月から施工業者の選定に入る。早ければ3―4年後の開業を見込んでいる。魁陽亭は飲食店などのテナント施設として改修中で、19年度は外装に取り掛かる。

関連キーワード: ホテル 歴史的建造物 道央

小樽港に旅客ターミナル構想 迫俊哉小樽市長インタビュー

2018年11月13日 12時00分
小樽港に旅客ターミナル構想 迫俊哉小樽市長インタビュー

 戦後最多の4人が出馬した8月26日の市長選で初当選を果たし、翌日から登庁。就任1カ月後には第3回定例会が開かれ、前市長と対立していた議会との関係修復などに尽力した。北海道新幹線仮称・新小樽駅周辺まちづくりなどが将来の柱になる事業と語る迫俊哉市長に、市政運営の課題やまちづくりの展望を聞いた。

関連キーワード: 新幹線 港湾 道央

JR美唄駅前にホテル 20年4月開業、最上階特別室も

2018年11月12日 15時00分

 美唄自動車学校(美唄市美唄1443の14、林正芳社長)は、JR美唄駅前にホテルを新築する。客室数は37室。設計は開発工営社と建築家で構成するグループ・B―CATが担当した。実施設計に施工者の技術やノウハウを反映させるECI方式(アーリー・コントラクター・インボルブメント)を導入。施工者は、プレゼンテーションで主体を近藤建設、電気を永井電機、機械を道央配管工業に決めた。2019年12月の完成を目指す。

関連キーワード: ホテル 道央

鉄路廃止でバスターミナル機能持つ拠点施設を計画 月形町

2018年11月12日 07時00分

 月形町は、バスターミナル機能を持たせた、まちづくり拠点施設の建設を計画している。JR札沼線が廃止となった場合、バスターミナルが必要となることから整備を構想。町民の集いの場としての機能も持たせるため、公共施設との複合化なども視野に入れている。2018年度中に基本構想を策定し、19年度の実施設計、20年度の着工を目指す。

関連キーワード: 地域振興 道央

赤平市の炭鉱遺産ガイダンス施設がきょうオープン

2018年07月14日 14時00分
赤平市の炭鉱遺産ガイダンス施設がきょうオープン

 赤平市の炭鉱遺産活用基本構想の一環である「炭鉱遺産ガイダンス施設」が14日にオープンする。当日は午後1時から関係者が出席し、炭鉱遺産を有効活用した新たな施設の誕生を祝い開館記念式典を開催する。式典では、テープカットや来賓代表からのあいさつなどを予定している。

関連キーワード: 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • web企画
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (4,014)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,684)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,099)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,719)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,482)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。