「 道央」に関する記事

大豆乾燥調製貯蔵施設など新設 峰延農協が一般競争入札で

2018年06月06日 08時30分

 峰延農業協同組合(美唄市峰延37、森川和徳組合長)は、大豆乾燥調製貯蔵施設新設を7月中旬にも主体、設備一括で一般競争公告し、8月末に入札する方針だ。これに先立ち、施設新設に伴う乾燥調製設備設置と造成を条件付き一般競争公告した。参加申請書の提出は乾燥調製設備設置、造成とも11日まで。29日午前10時から同農協で入札する。

関連キーワード: 入札情報 農林水産 道央

赤平市が統合小新築に20年度着工へ 工事費20億円を試算

2018年05月30日 12時00分

 赤平市は、統合小校舎・屋体新築を2020年度に着工する計画だ。工事費には約20億円を試算しており、校舎の延べ床面積は4200m²程度となる見込み。本年度は統合の対象となる小学校を確定させるほか、校舎などの基本設計や建設地にある赤平中の解体実施設計に取り組む。19年度は校舎・屋体の実施設計を進め、20年度から2カ年で施工する見通しとなっている。

関連キーワード: 学校 道央

日本遺産「北前船寄港地」に小樽市などが追加認定

2018年05月27日 09時30分
日本遺産「北前船寄港地」に小樽市などが追加認定

 文化庁は24日日、2017年度に函館市や松前町など11自治体連名で認定した日本遺産「荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間―北前船寄港地・船主集落―」に、小樽市や石狩市など27自治体を追加認定した。これで同遺産の構成自治体は、函館市や松前町など道内4自治体を含む38自治体となる。

関連キーワード: 観光 道央

ICTなど指導 砂子組が連携授業で岩見沢農高と協定

2018年05月26日 09時30分
ICTなど指導 砂子組が連携授業で岩見沢農高と協定

 砂子組(本社・奈井江、砂子邦弘社長)と岩見沢農高(畠山佳幸校長)は、連携授業を行うための協定を28日に同高で結ぶ。今後は同社が定期的に授業を受け持ち、建設業のICTなどを生徒に教える予定だ。企業と高校が連携した授業を行う取り組みは全国的にも珍しく、同社では「こうした取り組みを進めるために全道的な協議会を立ち上げたい」と話している。

関連キーワード: 人材育成 学校 道央

こども園・児童館複合施設の19年度供用目指す 上砂川町

2018年05月10日 08時30分

 上砂川町は、認定こども園や児童館の機能を備えた複合施設新築を主体、電気・計装設備、外構一括で来週にも指名し、5月末に入札する予定だ。規模はRC造、平屋、延べ1068m²で計画。建物は来年2月末の完成を見込んでおり、2019年度の供用開始を目指す。

関連キーワード: 建築 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 東宏
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,410)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,567)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,403)
悲願の新天塩大橋完成 天塩、幌延町が見学会
2020年10月24日 (1,116)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,081)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。